金融商品仲介のお取引は元本割れとなるリスクがあります。また、手数料がかかる場合があります。お取引の前に必ずご確認ください。

金融商品仲介でご案内する商品をお申込みの際は、以下の点にご注意ください。

  • 金融商品仲介における取扱商品は預金ではないため、預金保険制度の対象ではありません。また、当行が元本を保証するものではありません。
  • 店頭FXを含む金融商品仲介は金融商品取引法第33条の登録金融機関による媒介業務です。
  • 金融商品仲介で取扱う有価証券などは、金利・為替・株式相場などの変動や、有価証券の発行者の業務または財産の状況の変化などにより価格が変動し、損失が生じるおそれがあります。
  • お取引に際しては、手数料などがかかる場合があります。手数料などは商品・銘柄・取引金額・取引方法などにより異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。
  • 各商品のリスクおよび手数料などの情報の詳細については、auカブコム証券のウェブサイトの「勧誘方針」、各商品の契約締結前交付書面、目論見書または販売用資料などでご確認ください。
  • 当行は委託金融商品取引業者とは別法人であり、金融商品仲介のご利用にあたっては、委託金融商品取引業者の証券取引口座の開設が必要です。
  • 当行における金融商品仲介のお取引の有無が、お客さまと当行の預金、融資など他のお取引に影響を与えることはありません。また、当行での預金、融資などのお取引内容が金融商品仲介のお取引に影響を与えることはありません。
  • 当行が登録金融機関としてご案内する金融商品仲介の商品やサービスは、委託金融商品取引業者によるものであり、当行が提供するものではありません。
  • 当行には委託金融商品取引業者とお客さまとの契約締結に関する代理権はありません。したがって、委託金融商品取引業者とお客さまとの間の契約の締結権はありません。
  • お取引に際しては、各商品の契約締結前交付書面、目論見書または約款などをご確認のうえ、投資判断はご自身でされるようお願い申し上げます。
  • ご購入いただいた有価証券などは、委託金融商品取引業者に開設された口座でお預かりのうえ、委託金融商品取引業者の資産と分別して保管されますので、委託金融商品取引業者が破たんした際にも、委託金融商品取引業者の整理・処分などに流用されることはなく、原則として全額が保全されます。万が一、一部不足額が生じた場合など、全額の返還ができないケースが発生した場合でも、投資者保護基金により、お一人あたり1,000万円まで補償されます。
  • 原則として、20歳以上のお客さまを対象とさせていただきます。
  • 当行のウェブサイトでご案内している証券会社の商品・サービスおよび取引条件などは、変更される場合があります。最新の情報については、必ず証券会社のウェブサイトでご確認ください。

金融商品仲介を行う登録金融機関

商号等 auじぶん銀行株式会社
登録金融機関 関東財務局長(登金)第652号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

委託金融商品取引業者

商号等 auカブコム証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第61号
銀行代理業 関東財務局長(銀代)第8号
電子決済等代行業者 関東財務局長(電代)第18号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
auマネーコネクト優遇プログラム
投資信託のお取引で5,000円プレゼント

信用取引とは

信用取引は現金や株式などを担保として証券会社に預けることにより、担保(委託保証金と呼ばれます。)の評価額の約3.3倍まで株式の取引ができます。お客さまは証券会社から担保に応じた買付代金株式を買付(買建て)したり、売付株式を借りて売却(売建て)することができます。

信用取引の仕組み

株式を買う
(買建て)

図

返済は以下の二種類あります。

  • 購入した株式を売却する「返済」
  • 証券会社に購入した株式の代金を返却して株式を引取る「現引・品受」

「返済」の場合、最初に株式を購入した時の代金から、売却時の代金・取引手数料・(資金を借りていた期間にかかる)金利の費用などを差し引いた分が、損益となります。

株式を売る
(売建て)

図

返済は以下の二種類あります。

  • 売却した株式を買戻す「返済」
  • 証券会社に売却した株式と同じ銘柄・同じ株数を引き渡して現金を受け取る「現渡・品渡」

「返済」の場合、最初に株式を売却した時の代金から、買い戻す代金・取引手数料・(株式を借りていた期間にかかる)貸株料の費用などを差し引いた分が、損益となります。

信用取引の種類

信用取引は主に「制度信用」と「一般信用」の2種類に分けられます。

図
  • 制度信用
    証券取引所が定めた一定の基準を満たした銘柄だけを対象に信用取引をするもので、返済期限は6ヶ月と定められています。
  • 一般信用
    お客さまと証券会社の間で信用取引を行うため、制度信用に比べて取引可能な銘柄が多く、返済期限は証券会社によって異なります(1日~無期限)。しかし、一般的には制度信用に比べて金利が高めに設定されています。

特徴

売りからも始められる

図

信用取引は売りから始められるので、株価下げ局面において買い戻すことで利益が狙えます。
もちろん、買いからも始められるので、現物株式と比べて投資機会が増します。

レバレッジ効果

図

現金や株式など預けた担保の評価額の約3.3倍まで取引ができますので、少ない自己資金で高い資金運用ができます(利益だけでなく損失が大きくなる可能性もあります)。

1日で何回でも売買可能

図

現物株式の場合、1日のうちに同一銘柄の買付や売却を繰り返すことは、法令で禁止されています。
しかし、信用取引は担保となる資金があれば1日のうちに同一銘柄の売買を繰り返すことができます。

つなぎ売りに活用できる

図

保有する現物株式の株価が下落する場合に、現物株式を売らずに信用取引で売建てをすることで、値下がりによる価格変動リスクを回避しようとする手法です。

注意点

信用取引は現物株式より、利益も損失も大きく発生する可能性があります。必ず余裕資金で、委託保証金を十分用意してお取引ください。

  • 値下がり損
    買建ての場合、株式を購入した時より株価が値下がりしたタイミングで返済すると、「高い金額で買って、安い金額で売った」ことになるため損失が発生します。
  • 値上がり損
    売建ての場合、株式を売却した時より株価が値上がりしたタイミングで返済すると、これも「高い金額で買って、安い金額で売った」ことになるため、損失が発生します。
    買建て・売建てともに返済しなければ損は発生しませんが、信用取引中は諸費用がかかります。また、返済期限もあるので注意が必要です(一般信用については返済期限を設けていない証券会社もあります)。
  • 追証(追加保証金)
    信用取引を新規で売買する際には、最低30万円以上、かつ約定代金の30%以上の担保(委託保証金)が必要です。例えば200 万円買建てするには60万円以上の委託保証金が必要です。
    この売買代金の評価額に対する委託保証金の割合を「委託保証金率」と呼びますが、評価損が発生すると委託保証金から引いて委託保証金率を計算します。

「委託保証金率」が証券会社によって定める「最低保証金維持率(一般的には20%~25%)」を下回った場合、速やかにこれが30%以上になるように、現金を入金するか、信用取引を返済する必要があり、これを追証(追加保証金)と呼びます。

株式・投資信託マンガ

証券がはじめてのお客さまへ。マンガで投資を楽しく学ぼう。

株式・投資信託マンガ

はじめての株式

株式の仕組みやメリット、デメリットなど詳しく解説しました。

はじめての株式

auカブコム証券のメリット

1取引手数料0円/金利年1.15%~

図

信用取引の取引手数料は0円です。さらに、大口のお客さま向けに建玉残高や新規建約定代金に応じ金利が優遇となるプランをご用意しています。たくさんお取引をされるお客さまほどおトクになります。

  • 品受/品渡には別途手数料が発生します。
金利優遇プラン(買方金利)

前1ヶ月のお取引状況・預り資産状況等に応じ、買方金利を段階的に優遇させていただくサービスです。
また、品受・品渡に関する手数料も無料となります。適用条件など詳細は以下のリンクからご確認ください。

優遇プラン 優遇金利 年率

クラウンプラン

一般信用:1.15%、制度信用:1.34%

ダイヤモンドプラン

一般信用:1.69%、制度信用:1.88%

プラチナプラン

一般信用:1.87%、制度信用:2.06%

ゴールドプラン

一般信用:2.49%、制度信用:2.68%

(2021年2月28日現在)

取引手数料と金利の詳細はこちら外部サイトへ移動します

2株式も投信も担保にできる

図

株式だけでなく、一般型投資信託も担保に代用有価証券として活用できます。auカブコム証券にお預けいただいたご資産を、より効率的にご活用いただけるだけでなく、代用有価証券(株式のみ)を貸付けし、貸株料を受け取ることができます。

代用貸付制度の詳細はこちら外部サイトへ移動します

3多彩な自動売買で便利に取引

図

事前に売買条件を設定しておくと、条件が成立した際に自動的に売買を発注してくれます。「株価が22万円だけど、さらに上昇して23万円を超えてくるようなら買いたい」「50万円で買った株式を60万円になったら利益確定、もし45万円に下がったら損切りしたい」など、リスク管理もバッチリできます。

自動売買の方式
割引制度 内容

逆指値

株価が「指定の価格まで上昇したら買い」「指定の価格まで下落したら売り」をする注文方法です。株価の上昇・下落トレンドに合わせた発注ができます。

W指値®

株価の上下の価格を指定し、「指定する価格まで上昇したら売り、または下落したら別の指定価格で売り」をする注文方法です。株価上昇時の利益確定とともに、株価下落時に損切することをセットで発注できます。

リレー注文®

最初の注文が約定したら自動的に次の注文を発注する方法です。手持ちのA株からB株に乗り換えるような場合、一連の操作が一度に発注できます。

Uターン注文®

買い注文と同時に売り注文を予約する方法です。「300円でA株を買って、330円でA株を売る」というように自由に設定できます。

トレーリングストップ注文

株価の変動に合わせて一定の値幅で逆指値の価格を自動的に修正(追いかける)することができる注文方法です。

自動売買の詳細はこちら外部サイトへ移動します

auカブコム証券の株式ランキング

みんなはどんな企業の株を買っている?
気になる情報をランキング形式で纏めました。

図
  • auじぶん銀行経由でauカブコム証券口座を開設されたお客さまの2020年12月の現物株式(プチ株を含む)購入件数ランキングです。
  • 株価は2020年12月30日の終値です。
  • このランキングはあくまでも参考情報であり、投資を勧めるものではありません。

金融商品仲介のお取引は元本割れとなるリスクがあります。また、手数料がかかる場合があります。お取引の前に必ずご確認ください。

金融商品仲介でご案内する商品をお申込みの際は、以下の点にご注意ください。

  • 金融商品仲介における取扱商品は預金ではないため、預金保険制度の対象ではありません。また、当行が元本を保証するものではありません。
  • 店頭FXを含む金融商品仲介は金融商品取引法第33条の登録金融機関による媒介業務です。
  • 金融商品仲介で取扱う有価証券などは、金利・為替・株式相場などの変動や、有価証券の発行者の業務または財産の状況の変化などにより価格が変動し、損失が生じるおそれがあります。
  • お取引に際しては、手数料などがかかる場合があります。手数料などは商品・銘柄・取引金額・取引方法などにより異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。
  • 各商品のリスクおよび手数料などの情報の詳細については、auカブコム証券のウェブサイトの「勧誘方針」、各商品の契約締結前交付書面、目論見書または販売用資料などでご確認ください。
  • 当行は委託金融商品取引業者とは別法人であり、金融商品仲介のご利用にあたっては、委託金融商品取引業者の証券取引口座の開設が必要です。
  • 当行における金融商品仲介のお取引の有無が、お客さまと当行の預金、融資など他のお取引に影響を与えることはありません。また、当行での預金、融資などのお取引内容が金融商品仲介のお取引に影響を与えることはありません。
  • 当行が登録金融機関としてご案内する金融商品仲介の商品やサービスは、委託金融商品取引業者によるものであり、当行が提供するものではありません。
  • 当行には委託金融商品取引業者とお客さまとの契約締結に関する代理権はありません。したがって、委託金融商品取引業者とお客さまとの間の契約の締結権はありません。
  • お取引に際しては、各商品の契約締結前交付書面、目論見書または約款などをご確認のうえ、投資判断はご自身でされるようお願い申し上げます。
  • ご購入いただいた有価証券などは、委託金融商品取引業者に開設された口座でお預かりのうえ、委託金融商品取引業者の資産と分別して保管されますので、委託金融商品取引業者が破たんした際にも、委託金融商品取引業者の整理・処分などに流用されることはなく、原則として全額が保全されます。万が一、一部不足額が生じた場合など、全額の返還ができないケースが発生した場合でも、投資者保護基金により、お一人あたり1,000万円まで補償されます。
  • 原則として、20歳以上のお客さまを対象とさせていただきます。
  • 当行のウェブサイトでご案内している証券会社の商品・サービスおよび取引条件などは、変更される場合があります。最新の情報については、必ず証券会社のウェブサイトでご確認ください。

金融商品仲介を行う登録金融機関

商号等 auじぶん銀行株式会社
登録金融機関 関東財務局長(登金)第652号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
  • auじぶん銀行は、金融商品仲介業者として委託金融商品取引業者であるauカブコム証券株式会社の証券口座開設のお申込み、取次ぎおよびauカブコム証券株式会社の取扱う「株式、投資信託、債券」をご案内しております。
  • 「株式、投資信託、債券(金融商品仲介)」に関するお申込み、お問い合わせなどの各種お手続きはauカブコム証券株式会社が受付します。
  • auじぶん銀行はauカブコム証券株式会社の代理権は有しておらず、また、金融商品仲介業に関してお客さまから金銭もしくは有価証券の預託を受ける事はできません。

委託金融商品取引業者

商号等 auカブコム証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第61号
銀行代理業 関東財務局長(銀代)第8号
電子決済等代行業者 関東財務局長(電代)第18号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

お問い合わせ

金融商品仲介でご案内する商品・サービス内容については、auカブコム証券のコールセンターへお問い合わせください。

auカブコム証券

電話番号
  • フリーコール
    0120-390-390
  • 携帯・PHS
    03-6688-8888
受付時間
  • 平日 8:00~16:00
  • 年末年始を除く
商号等 auカブコム証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第61号
銀行代理業 関東財務局長(銀代)第8号
電子決済等代行業者 関東財務局長(電代)第18号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
商号等 auじぶん銀行株式会社
登録金融機関 関東財務局長(登金)第652号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
  • auカブコム証券株式会社は、auじぶん銀行株式会社を所属銀行とする銀行代理業者として、「資金の貸付(住宅ローン・カードローン)」ならびに「円貨建て普通預金の受入れ」を内容とする契約締結の媒介を行います。