auじぶん銀行(ネット銀行) au x 三菱UFJ銀行

引っ越しでムダな費用を抑える方法

株式会社ZUU

2022年3月23日

3~4月は引っ越しシーズン。引っ越しでは何かと出費がかさみがちなため、できるだけコストを抑える工夫をしたいものです。そのためには、さまざまな想定をした上で事前準備をしっかりしておくことが重要です。本コラムでは、引っ越しでムダな費用を抑える方法などについて解説します。

■3~4月は特に引っ越しコストが高くなる

3~4月は、進学や就職などで引っ越しのピークシーズンとなるため、引っ越し費用も高くなる傾向があります。そのため3〜4月に引っ越しする場合は「コストを抑える工夫」が重要度を増します。また引っ越しを機に「出費を抑える暮らし」を目指すことも大切です。こうした視点を持っていれば引っ越しに伴う家電の買い替えで「省エネ家電を選ぶ」といった発想が生まれます。

■「家電」に関する準備は?

まず「家電」に関してコストを抑える工夫から紹介していきます。

●引っ越しのタイミングで買い替えるのも手

引っ越し費用を抑えるには、まず「荷物を減らすこと」が基本です。そのため買い替えを検討している大型家電があれば引っ越し前に処分しておきましょう。引っ越し後に新しいものを購入すれば荷物が減るので引っ越し費用を節約することができます。また引っ越し頻度が多い場合は、最初から「レンタル家電」を利用することもひとつの手です。

わざわざ買い替えなくても、引っ越し前に返却をすれば荷物を減らすことができます。

●家電を買い替えるなら、「省エネ家電」を検討しよう

引っ越しを機に省エネ家電に買い替えれば、長期的にみて家計への負担を抑えることができます。冷蔵庫やテレビ、エアコン、照明機器といった家電製品を新たに購入する際は「統一省エネラベル」などをよくチェックして選んでみてはいかがでしょうか。

▼「統一省エネラベル」に記載されている項目

記載項目 表示内容

多段階評価点

省エネ性能を高い順に5.0~1.0の41段階で表示

省エネルギーラベル

省エネ基準達成率や固有エネルギー消費効率などを表示

年間目安エネルギー料金

製品を1年間使用した場合の目安の電気料金を表示

出典:経済産業省 資源エネルギー庁

■「家具・日用品」に関する準備は?

続いて「家具・日用品」に関する準備についてです。

●不要品は事前に処分し、荷物を減らす

使っていない家具や日用品は、引っ越し前に処分し荷物を減らしましょう。ただし処分する方法は「捨てる」だけがすべてではありません。例えば売れそうなものであればフリマアプリなどで販売したり不用品買取に出したりする方法も選択肢のひとつです。売却したお金を引っ越し費用に充当すれば、結果的に費用を抑えることができます。

ただし、フリマアプリやオークションサイトに出品する場合は「売れるまでに時間がかかる」「売れない場合がある」といった可能性があることも忘れてはいけません。無事に売れた場合も、商品の梱包や発送の手間などがかかるため、引っ越し直前ではなく余裕がある時期に出品するのが賢明です。

●引っ越し先で使うものを購入する場合は、「寸法」に注意

引っ越しする前に、新居で使う家具を購入する場合、「寸法」に注意してください。幅や高さが合わずに買い直しとなると、余計な出費が発生します。家具のほか、カーテンなども要注意です。内見の際や不動産契約の際に、事前に部屋の寸法をしっかりと測って記録しておくようにしましょう。

●「段ボール」を無料で手に入れる

引っ越し業者を利用する際、荷物をまとめる段ボールは一定枚数まで無料でもらえるのが一般的です。しかし、それでも段ボールが足りず、追加を希望する場合には有料となる場合があります。追加で段ボールが必要な場合は、自分で用意すれば節約につながるでしょう。スーパーマーケットなど、近くに不要な段ボールを無料でもらえるお店がないか確認しておくと安心です。

■「食品・食材」に関する準備は?

冷蔵庫を引っ越し先に移動する際には、電源を切るため、冷蔵・冷凍保存ができなくなります。引っ越し業者によっては、「水抜き」と「霜取り」のために引っ越しの前日までに冷蔵庫の電源を切るようお願いされる場合もあります。そのため、特に傷みやすい食品・食材に関しては、引っ越し前日までに食べ切れる分だけを購入するようにしましょう。買いすぎを避けることで無駄な出費を抑えることが期待できます。また、食品ロスを減らすことは、国連が定める「SDGs」(持続可能な開発目標)にもつながります。SDGsの目標達成には私たち個人の取組みも重要であるため、引っ越しを機に、自分ごとと捉えてみるのもよいでしょう。

■身の回りを整理して、暮らしを見直そう

引っ越しのタイミングで所持品以外にも暮らしに無駄がないかを見直してみましょう。例えば引っ越し時に整理・見直しをしておきたいもののひとつが「銀行口座」です。引っ越しをすると口座開設している各銀行で住所変更の手続きが必要になります。そのため事前に保有している銀行口座を整理しておくと住所変更手続きの手間を省くことが可能です。

また利用する銀行口座を絞ると資産管理がしやすくなるため、結果的に節約につながることもあるでしょう。

■賢く出費を抑えた引っ越しを

この記事では引っ越しでムダな費用を抑えるポイントを解説してきました。事前にしっかりと準備を行ない、賢く出費を抑えた引っ越しを心がけましょう。