auじぶん銀行(ネット銀行) au x 三菱UFJ銀行

カードローンの借入れ限度額の決め方は?増額はできる?

執筆者:佐藤名ゝ美(ファイナンシャルコーチ)

2021年2月8日

現代社会において大きな融資枠を得られることは、社会的信用の証でもあります。そんななか「自分はいくらまで借りられるのか」と気になる方も多いのではないでしょうか。今回は、カードローンの借入れ限度額の決まり方について解説するとともに、限度額を増やすうえでのポイントについて見ていきます。

カードローンの借入れ限度額(利用枠)とは

カードローンはカードの発行を受け、24時間365日お金を無担保で借入れられる融資商品です。借りたお金の使い道は自由ですが、利用できるのはあらかじめ設定されている限度額までです。

カードローンの利用上限額は、ローン会社・ローン商品によって異なります。また、同じ商品でも個人によって異なる限度額が設定されます。

カードローン限度額の一般的な決まり方

カードローンの融資限度額は、本人の年収、勤め先や勤続年数、他社からの借入れおよび返済の状況、過去の信用情報など、さまざまな要素を勘案して決められます。なかでも年収については、貸金業法の「総量規制」の規定により、貸金業者が融資できる資金の総額は「年収の3分の1まで」と定められています。よって、この金額を超える融資は受けられません。

例えば、年収600万円の人は200万円、年収300万円の人は100万円が融資の上限額です。複数の会社から融資を受ける場合でも、合計額が上限を超えてはなりません。

総量規制が適用されるのは、貸金業法の規制を受ける貸金業者が行う融資です。消費者金融やクレジットカード会社などがこれにあたります。このうちクレジットカード会社については、利用額すべてが総量規制の対象となるのではなく、直接的に現金で融資を受けるキャッシングの利用についてのみ、総量規制の対象としてカウントされます。つまり、「ショッピングの利用額は対象外」ということです。

また、同じカードローンでも、銀行や信用金庫などが取り扱う融資については総量規制の対象外です。これらの金融機関は「貸金業法の規制を受ける貸金業者」ではないからです。しかし、銀行であればいくらでも借りられる訳ではありません。また、必ずしも年収の3分の1までなら融資を受けられるという事でもありません。融資する側はいくらまでの返済能力がある人か、個別に査定した上で限度額を設定しています。

カードローン限度額を増額する方法(ポイント)

設定された限度額が変わることはないのでしょうか。限度額は個人の返済能力や信用によって設定されるため、そこに変更があれば変わる可能性はあります。増額を希望する場合は、返済能力や信用力を上げていく必要があります。

まずは一定期間、継続的に利用して取引実績を作る必要があります。その間は、遅延なく返済し続けましょう。同時に年収が上がっていれば、なお有利です。

実績を作ったうえで上限額引き上げをローン会社に申し込みます。その際、あらためて融資限度額について審査が入ります。審査結果によっては増額できない場合もあるため、注意しておきましょう。

カードローンを新規契約するより増額したほうがよい理由

融資額を増やしたい場合、別の会社で新規契約するという方法を考えられる方もいらっしゃるかと思います。しかし、すでに利用しているカードローンの限度額を増額したほうが有利な点は多いでしょう。一つずつ見ていきます。

まずは、適用金利の問題です。カードローンの中には融資限度額によって適用する金利が設定されているものがあり、限度額が大きいほど低い金利が適用されます。そのため総額が同じであれば、小口の契約を複数持つより1つにまとめた方が利息の負担が軽くなります。

また、審査にかかる時間も新規で申し込むより短く済むと言えます。すでに契約や利用実績を持っていることを踏まえて審査するので、時間や手間が異なるからです。

そして、滞りなく着実に返済していくためにも、管理対象の数を絞ることは非常に重要です。複数のローン会社から融資を受け、月に何度も返済日が訪れるのは精神的負担がかかります。それだけでなく、忙しい毎日の中でつい忘れてしまうというリスクもあります。返済の遅延は、遅延損害金の発生や信用の低下を招く重大事態であることを理解しましょう。

借入限度額の増額をする時に注意したいポイント

限度額増額の手続きには、収入額を証明する書類をあらためて提出する必要があります。これを受けて審査が行われますが、このとき必ずしも増額が認められるわけではないのは前述の通りです。それだけでなく、場合によっては限度額が下がってしまうケースがあることも覚えておきましょう。限度額が下がるケースの例としては、年収が下がっていて総量規制にかかってしまう場合、他社からの借入れがあり総量規制にかかってしまう場合、過去に何度かの返済遅延を起こしている場合など、「返済能力や信用が低下している」と判断されてしまった場合です。

限度額が下がってしまう懸念があっても、決して虚偽の申告をしてはいけません。ローン会社は、他社の借入金や過去の返済履歴など、個人の金融に関する情報を共有しています。悪質な場合は詐欺罪に問われる可能性もあります。何より、返済能力を超えた借入れは家計の圧迫や返済遅延につながり、結局は自分自身を苦しめます。

ローンは目的ごとに賢く選択。むやみな増額は避けて

カードローンの限度額の決まり方と限度額増額の取り扱いについて見てきました。カードローンは利用の自由度が高い反面、数ある融資商品の中でも比較的高金利に属するローンです。あらゆるローンと同様、負担する利息は融資残高に対する割合のため、いかに借入額を減らすかが重要であり、すぐに増額を考えるのではなく他の選択肢を持っておくことも重要です。

ライター:佐藤名ゝ美
顔写真:ライター:佐藤名ゝ美

肩書:ファイナンシャルコーチ

プロフィール:
一度きりの人生を豊かに送るために、お金と仲良く付き合う方法を発信。家計管理・マイホーム取得・保障設計・資産形成・金銭教育・終活…など、様々なテーマで個別相談やセミナー、執筆に携わる。2001年より、熊本日日新聞社発行の生活情報紙すぱいす(週刊)にて、マネー情報の連載を担当。現在、『“お金のプロ”がズバリ!家計簿チェック』『知りたい!お金の話』を連載中。

auじぶん銀行からの商品・サービスのご案内

借入可能額上限800万円!

auじぶん銀行カードローンの借入可能上限金額は800万円!
しかも、au IDをお持ちの方なら、誰でも年0.1%の金利優遇、借り換えならさらにおトクな年0.5%の金利優遇!
すべてスマホ完結で、自動支払い返済では計画的な返済も♪この機会にご検討くださいませ!