金融商品仲介のお取引は元本割れとなるリスクがあります。また、手数料がかかる場合があります。お取引の前に必ずご確認ください。

金融商品仲介でご案内する商品をお申込みの際は、以下の点にご注意ください。

  • 金融商品仲介における取扱商品は預金ではないため、預金保険制度の対象ではありません。また、当行が元本を保証するものではありません。
  • 店頭FXを含む金融商品仲介は金融商品取引法第33条の登録金融機関による媒介業務です。
  • 金融商品仲介で取扱う有価証券などは、金利・為替・株式相場などの変動や、有価証券の発行者の業務または財産の状況の変化などにより価格が変動し、損失が生じるおそれがあります。
  • お取引に際しては、手数料などがかかる場合があります。手数料などは商品・銘柄・取引金額・取引方法などにより異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。
  • 各商品のリスクおよび手数料などの情報の詳細については、auカブコム証券のウェブサイトの「勧誘方針」、各商品の契約締結前交付書面、目論見書または販売用資料などでご確認ください。
  • 当行は委託金融商品取引業者とは別法人であり、金融商品仲介のご利用にあたっては、委託金融商品取引業者の証券取引口座の開設が必要です。
  • 当行における金融商品仲介のお取引の有無が、お客さまと当行の預金、融資など他のお取引に影響を与えることはありません。また、当行での預金、融資などのお取引内容が金融商品仲介のお取引に影響を与えることはありません。
  • 当行が登録金融機関としてご案内する金融商品仲介の商品やサービスは、委託金融商品取引業者によるものであり、当行が提供するものではありません。
  • 当行には委託金融商品取引業者とお客さまとの契約締結に関する代理権はありません。したがって、委託金融商品取引業者とお客さまとの間の契約の締結権はありません。
  • お取引に際しては、各商品の契約締結前交付書面、目論見書または約款などをご確認のうえ、投資判断はご自身でされるようお願い申し上げます。
  • ご購入いただいた有価証券などは、委託金融商品取引業者に開設された口座でお預かりのうえ、委託金融商品取引業者の資産と分別して保管されますので、委託金融商品取引業者が破たんした際にも、委託金融商品取引業者の整理・処分などに流用されることはなく、原則として全額が保全されます。万が一、一部不足額が生じた場合など、全額の返還ができないケースが発生した場合でも、投資者保護基金により、お一人あたり1,000万円まで補償されます。
  • 原則として、20歳以上のお客さまを対象とさせていただきます。
  • 当行のウェブサイトでご案内している証券会社の商品・サービスおよび取引条件などは、変更される場合があります。最新の情報については、必ず証券会社のウェブサイトでご確認ください。

金融商品仲介を行う登録金融機関

商号等 auじぶん銀行株式会社
登録金融機関 関東財務局長(登金)第652号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

委託金融商品取引業者

商号等 auカブコム証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第61号
銀行代理業 関東財務局長(銀代)第8号
電子決済等代行業者 関東財務局長(電代)第18号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人日本STO協会
条件クリアで合計1万円がもらえる!

auカブコム証券スマートフォンアプリ

auカブコム証券で取扱う各商品の注文機能や、FISCO・ロイターなどの多彩なニュースの配信など1つのアプリでスムーズな情報収集とお取引をサポートしています。auカブコム証券に口座をお持ちであれば無料でご利用いただけます。

図
auカブコム証券スマートフォンアプリ外部サイトへ移動します

kabuステーション®(アプリ)

「現物株式、信用取引、先物取引、オプション取引」の快適な操作性を追求したトレーディングアプリです。リアルタイム株価ボードや高機能チャートを搭載したハイクオリティな機能はもちろん、スマートフォンでストレスフリーなお取引を実現します。

図
kabuステーション®(スマートフォンアプリ版)外部サイトへ移動します

kabuステーション®(PC版)

PCで「現物株式、信用取引、先物、オプション」取引をするなら、kabuステーション®(PC版)。
情報収集はもちろん、オンライントレードの快適な操作性を追求したトレーディングアプリの決定版です。

  • kabuステーション(PC版)は有料サービスです。一定の条件を満たすと無料でご利用いただけます。
図
kabuステーション®(PC版)の無料条件

以下のいずれかに該当する場合、無料でご利用いただけます。(2020年3月8日現在)

  • 初回申込みの翌々月第1営業日まで
  • auカブコム証券全取引における約定回数が1回以上で翌月無料(先物・オプション取引の決済は対象外)
  • お申込日の前営業日(継続は前月末)のお預り資産100万円以上で翌月無料
  • 信用口座開設済みの場合無料(新たに信用口座を開設する場合は開設完了日以降の申込から無料)
  • 先物オプション、FX、取引所CFDいずれかの口座を新規開設すると翌月無料
kabuステーション®(PC版)外部サイトへ移動します

じぶん銀行スマートフォンアプリ

auカブコム証券との連携によって、銀行と証券のご利用がよりシームレスに便利になります。

1投資信託のお取引がシームレスで便利

auカブコム証券でAPIの利用登録を行い、じぶん銀行スマートフォンアプリで認証すると、投資信託の残高や保有明細を照会したり、購入したりできるようになります。

■ご利用いただける機能

  • 投資信託残高の照会
  • 投資信託保有明細の照会
  • 投資信託ランキングや保有明細からの投資信託購入
  • 積立取引はできません。
図
ご利用方法

API利用登録のお手続きは以下となります。

  • auカブコム証券のサイトでAPIを利用登録
  • じぶん銀行スマートフォンアプリでAPIを認証

なお、APIの利用登録はPCサイトからのみお手続きいただけます。スマートフォンご利用の方へPCサイトを開く方法も合わせてご案内します。

auカブコム証券でAPIを利用登録

STEP 1

auカブコム証券にスマートフォンからログインし、画面下部の「PCサイトへ」を押す。PCからお手続きされる場合はSTEP2にお進みください。

auカブコム証券にログイン外部サイトへ移動します

STEP 2

上部のメニューから「設定・申込」→「電子契約」の順に押す。

STEP 3

その他サービスの「新kabu.com API 利用設定」の「設定・変更」を押す。

STEP 4

ご利用設定状態の「設定」を押す。

STEP 5

画面の内容に従って入力し、最後にauカブコム証券のログインパスワードを入力して「次へ」を押す。

  • SMS通知はSTEP6と、じぶん銀行スマートフォンアプリでAPIを2段階認証する際に使用します。

STEP 6

SMS通知先に確認コードが届くので、入力して「設定する」を押す。

STEP 7

APIユーザIDなどが表示されます。続けて「kabu.com API 利用設定」を押して、API連携サービスの画面に戻る。

  • まだ利用登録は完了していません。画面を閉じてしまった場合は、STEP1~STEP4の順序で再度表示することができます。

STEP 8

画面下部の外部ツール一覧から、「auじぶん銀行投資信託仲介サービス」欄の「登録」を押す。

STEP 9

ツール名が「auじぶん銀行投資信託仲介サービス」であることを確認して「登録する」を押す。

STEP 10

上記画面が表示されるとAPIの利用登録のお手続きは完了です。次にじぶん銀行スマートフォンアプリでこのAPIを認証してください。

じぶん銀行スマートフォンアプリでAPIを認証

STEP 1

じぶん銀行スマートフォンアプリで「auカブコム証券の口座情報を認証する」 を押し、auカブコム証券でAPIを利用登録した際、設定したIDとパスワードを入力して「ログイン」を押す。

STEP 2

auカブコム証券でAPIを利用登録した際、設定された端末へSMS通知が届きます。
通知に記載のコードをご入力し、「送信」を押す。

STEP 3

デバイスのログイン設定を有効にされる場合はスライダーを押して有効にしてください(任意)。次に「設定」を押す。

STEP 4

画面の内容をご確認いただき、「はい」を押す。「いいえ」をご選択すると認証を中断します。

STEP 5

上記の画面が表示され、認証が完了します。右上の「閉じる」を押して画面を閉じてください。
元の画面がauカブコム証券のAPI認証後の画面に自動的に更新されます。

2今月の株価トレンドを分析

AIが過去の株価動向から5営業日後のTOPIXを予測する「AI日本マーケット予測」や、景気実態を正確に映し出す先行指標「購買担当者指数™(PMI™)」を用いた「auじぶん銀行日本PMI」とレポートを確認することができます。
じぶん銀行スマートフォンアプリを投資にお役立てください。

図

金融商品仲介のお取引は元本割れとなるリスクがあります。また、手数料がかかる場合があります。お取引の前に必ずご確認ください。

金融商品仲介でご案内する商品をお申込みの際は、以下の点にご注意ください。

  • 金融商品仲介における取扱商品は預金ではないため、預金保険制度の対象ではありません。また、当行が元本を保証するものではありません。
  • 店頭FXを含む金融商品仲介は金融商品取引法第33条の登録金融機関による媒介業務です。
  • 金融商品仲介で取扱う有価証券などは、金利・為替・株式相場などの変動や、有価証券の発行者の業務または財産の状況の変化などにより価格が変動し、損失が生じるおそれがあります。
  • お取引に際しては、手数料などがかかる場合があります。手数料などは商品・銘柄・取引金額・取引方法などにより異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。
  • 各商品のリスクおよび手数料などの情報の詳細については、auカブコム証券のウェブサイトの「勧誘方針」、各商品の契約締結前交付書面、目論見書または販売用資料などでご確認ください。
  • 当行は委託金融商品取引業者とは別法人であり、金融商品仲介のご利用にあたっては、委託金融商品取引業者の証券取引口座の開設が必要です。
  • 当行における金融商品仲介のお取引の有無が、お客さまと当行の預金、融資など他のお取引に影響を与えることはありません。また、当行での預金、融資などのお取引内容が金融商品仲介のお取引に影響を与えることはありません。
  • 当行が登録金融機関としてご案内する金融商品仲介の商品やサービスは、委託金融商品取引業者によるものであり、当行が提供するものではありません。
  • 当行には委託金融商品取引業者とお客さまとの契約締結に関する代理権はありません。したがって、委託金融商品取引業者とお客さまとの間の契約の締結権はありません。
  • お取引に際しては、各商品の契約締結前交付書面、目論見書または約款などをご確認のうえ、投資判断はご自身でされるようお願い申し上げます。
  • ご購入いただいた有価証券などは、委託金融商品取引業者に開設された口座でお預かりのうえ、委託金融商品取引業者の資産と分別して保管されますので、委託金融商品取引業者が破たんした際にも、委託金融商品取引業者の整理・処分などに流用されることはなく、原則として全額が保全されます。万が一、一部不足額が生じた場合など、全額の返還ができないケースが発生した場合でも、投資者保護基金により、お一人あたり1,000万円まで補償されます。
  • 原則として、20歳以上のお客さまを対象とさせていただきます。
  • 当行のウェブサイトでご案内している証券会社の商品・サービスおよび取引条件などは、変更される場合があります。最新の情報については、必ず証券会社のウェブサイトでご確認ください。

金融商品仲介を行う登録金融機関

商号等 auじぶん銀行株式会社
登録金融機関 関東財務局長(登金)第652号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
  • auじぶん銀行は、金融商品仲介業者として委託金融商品取引業者であるauカブコム証券株式会社の証券口座開設のお申込み、取次ぎおよびauカブコム証券株式会社の取扱う「株式、投資信託、債券」をご案内しております。
  • 「株式、投資信託、債券(金融商品仲介)」に関するお申込み、お問い合わせなどの各種お手続きはauカブコム証券株式会社が受付します。
  • auじぶん銀行はauカブコム証券株式会社の代理権は有しておらず、また、金融商品仲介業に関してお客さまから金銭もしくは有価証券の預託を受ける事はできません。

委託金融商品取引業者

商号等 auカブコム証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第61号
銀行代理業 関東財務局長(銀代)第8号
電子決済等代行業者 関東財務局長(電代)第18号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人日本STO協会

お問い合わせ

金融商品仲介でご案内する商品・サービス内容については、auカブコム証券のコールセンターへお問い合わせください。

auカブコム証券

電話番号
  • フリーコール
    0120-390-390
  • 携帯
    03-6688-8888
受付時間
  • 平日 8:00~16:00
  • 年末年始を除く
商号等 auカブコム証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第61号
銀行代理業 関東財務局長(銀代)第8号
電子決済等代行業者 関東財務局長(電代)第18号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会 、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人日本STO協会
商号等 auじぶん銀行株式会社
登録金融機関 関東財務局長(登金)第652号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
  • auカブコム証券株式会社は、auじぶん銀行株式会社を所属銀行とする銀行代理業者として、「資金の貸付(住宅ローン・カードローン)」ならびに「円貨建て普通預金の受入れ」を内容とする契約締結の媒介を行います。