金融商品仲介のお取引は元本割れとなるリスクがあります。また、手数料がかかる場合があります。お取引の前に必ずご確認ください。

金融商品仲介でご案内する商品をお申込みの際は、以下の点にご注意ください。

  • 金融商品仲介における取扱商品は預金ではないため、預金保険制度の対象ではありません。また、当行が元本を保証するものではありません。
  • 店頭FXを含む金融商品仲介は金融商品取引法第33条の登録金融機関による媒介業務です。
  • 金融商品仲介で取扱う有価証券などは、金利・為替・株式相場などの変動や、有価証券の発行者の業務または財産の状況の変化などにより価格が変動し、損失が生じるおそれがあります。
  • お取引に際しては、手数料などがかかる場合があります。手数料などは商品・銘柄・取引金額・取引方法などにより異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。
  • 各商品のリスクおよび手数料などの情報の詳細については、auカブコム証券のウェブサイトの「勧誘方針」、各商品の契約締結前交付書面、目論見書または販売用資料などでご確認ください。
  • 当行は委託金融商品取引業者とは別法人であり、金融商品仲介のご利用にあたっては、委託金融商品取引業者の証券取引口座の開設が必要です。
  • 当行における金融商品仲介のお取引の有無が、お客さまと当行の預金、融資など他のお取引に影響を与えることはありません。また、当行での預金、融資などのお取引内容が金融商品仲介のお取引に影響を与えることはありません。
  • 当行が登録金融機関としてご案内する金融商品仲介の商品やサービスは、委託金融商品取引業者によるものであり、当行が提供するものではありません。
  • 当行には委託金融商品取引業者とお客さまとの契約締結に関する代理権はありません。したがって、委託金融商品取引業者とお客さまとの間の契約の締結権はありません。
  • お取引に際しては、各商品の契約締結前交付書面、目論見書または約款などをご確認のうえ、投資判断はご自身でされるようお願い申し上げます。
  • ご購入いただいた有価証券などは、委託金融商品取引業者に開設された口座でお預かりのうえ、委託金融商品取引業者の資産と分別して保管されますので、委託金融商品取引業者が破たんした際にも、委託金融商品取引業者の整理・処分などに流用されることはなく、原則として全額が保全されます。万が一、一部不足額が生じた場合など、全額の返還ができないケースが発生した場合でも、投資者保護基金により、お一人あたり1,000万円まで補償されます。
  • 原則として、20歳以上のお客さまを対象とさせていただきます。
  • 当行のウェブサイトでご案内している証券会社の商品・サービスおよび取引条件などは、変更される場合があります。最新の情報については、必ず証券会社のウェブサイトでご確認ください。

金融商品仲介を行う登録金融機関

商号等 auじぶん銀行株式会社
登録金融機関 関東財務局長(登金)第652号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

委託金融商品取引業者

商号等 auカブコム証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第61号
銀行代理業 関東財務局長(銀代)第8号
電子決済等代行業者 関東財務局長(電代)第18号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人日本STO協会
条件クリアで合計1万円がもらえる!

NISAとは

株式や投資信託などに投資をした場合、これらを売却して得た利益や配当に対して20.315%(復興特別所得税を含む)の税金がかかります。
しかしNISAは毎年一定金額の範囲内で購入した株式や投資信託で得られる利益に対して、非課税となる制度です。NISAには大きく、「一般NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類あります。

  • 「ジュニアNISA」は2024年の制度改正時(新NISA)に廃止されます。本画面では一般NISAとつみたてNISAの2種類に絞ってご説明します。
図

特徴

「一般NISA」「つみたてNISA」ごとに非課税となる対象商品や金額などが異なりますので、違いを押さえておきましょう。

対象商品

図

「一般NISA」なら株式や投資信託、「つみたてNISA」なら一定の投資信託やETFが非課税対象です。

「つみたてNISA」は長期積立・分散投資を支援する制度ですので、金融庁が定めた一定のルールに適する銘柄に限られます。

非課税投資枠

図

「一般NISA」なら毎年120万円まで、「つみたてNISA」なら毎年40万円までの新規買付代金が上限です。

その年の非課税投資枠が余った場合は翌年に余った分を繰越しすることはできないことに注意をしましょう。

非課税投資期間

図

非課税投資枠で購入した商品は「一般NISA」なら5年間、「つみたてNISA」なら20年間です。

この期間終了後は課税口座(特定、一般)に払出しとなりますが、「一般NISA」は売却したり、翌年の非課税投資枠へ移行(ロールオーバー)することもできます。

「一般NISA」と「つみたてNISA」の違いを表で確認
制度名

一般NISA

つみたてNISA

投資方法

通常買付、積立買付

積立買付のみ

対象商品

株式(ETF含む)、投資信託、
プチ株®(ETF含む)

投資信託
(ETF含む、一部のみ

非課税投資枠

年間120万円
(最大600万円)

年間40万円
(最大800万円)

非課税投資期間

5年間

20年間

途中引出し

いつでも可能

商品の移行
(ロールオーバー)

可能

不可能

投資可能期間

2014年~2023年

2018年~2037年

  • 金融庁が設ける既定の要件を満たす商品が対象となり、auカブコム証券ではつみたてNISAのETFの取扱いはありません。

TEA BREAK2024年新NISA開始

現在のNISA制度は2024年から新NISAへ制度が改正されます。特に「一般NISA」は2階建てと呼ばれる段階性に変わり、新NISAで投資を始められる方は、原則1階部分を利用しないと、2階部分の投資ができません。
新NISAの詳細については情報収集に努めて賢く制度を利用しましょう。

  • 新NISAについては2021年2月28日時点の情報です。ご利用の際は必ず最新情報をご確認ください。
  • 一般NISA 対象商品や課税投資枠などの変更(2階建てへ)
  • つみたてNISA 投資可能期間の延長(2037年から2042年まで)
  • ジュニアNISA 終了

一般NISAの変更点

図

仕組みを図解

一般NISAをご利用の方が、新NISAでロールオーバーをする際、やや複雑となりますので注意が必要です。(2021年2月28日時点)

【新NISAでロールオーバーする際の注意】

  • レバレッジをきかせている商品や整理銘柄などはロールオーバーができません。
  • ロールオーバーする金額が非課税投資枠を超えていない場合、新NISAの2階部分、1階部分の順に非課税投資枠を埋めていきます。
  • 株価等の価格上昇により非課税投資枠を超えている場合、非課税投資枠を超えていても全額をロールオーバーすることができます。
図
  • 2021年2月28日時点。

つみたてNISAは新NISAに変わっても投資可能期間の期限が5年間延長されるのみとなります。
非課税期間終了後は一般NISAと異なり課税口座(特定・一般)への払出のみとなります。

図
  • 2021年2月28日時点。

注意点

  • NISA口座は1人1口座
    NISA口座は金融機関によって1人1口座しか開設できません。
    1年ごとに金融機関を変更することは可能ですが、変更しようとする年の1月1日~9月30日までに変更手続きを完了する必要があります。
    また、金融機関を変更した場合、変更前の資産は元の金融機関で管理され売却のみ可能になります。その年の非課税投資枠は次の金融機関に引き継がれます。
  • 新規取引が対象
    既に保有されている株式や投資信託を、NISA口座に移すことはできません。NISA口座開設後に新たに買付する株式や投資信託がNISAの対象となります。
  • 非課税投資枠は繰越し不可
    その年の非課税投資枠の未使用分を翌年に繰り越すことはできません。
  • 損益通算ができません
    NISA口座で発生した損益は、他の一般口座や特定口座の損益と相殺すること(損益通算)ができません。
  • 配当の受取方法は「株式数比例配分方式」
    株式の配当はNISA・ジュニアNISA口座を開設する金融機関等経由で受け取らないものは非課税となりません。

NISAがいいさ!!

日本証券業協会のNISAの特集ページで詳しく理解しよう。

NISAがいいさ!!外部サイトへ移動します

かんたんシミュレーション

つみたてNISAの非課税メリットを体感しよう。

かんたんシミュレーション外部サイトへ移動します

auカブコム証券のメリット

1プチ株の積立も対象

図

現物株式を1株から売買できるauカブコム証券の「プチ株®」。これを毎月500円から積立することができる「プレミアム積立®(プチ株®)」も一般NISAの対象となります。

プレミアム積立®プチ株®積立の詳細はこちら

2NISA口座では取引手数料がかからない

図

NISA口座における国内株式(現物株式、ETF・ETN・REITなど)の取引手数料はすべて無料です。また投資信託はすべてノーロードで取引手数料は無料です。

  • 投資信託は、別途信託報酬や、信託財産留保額がかかることがあります。

3一般・特定口座での取引手数料も割引

図

auカブコム証券でNISA口座開設されているお客さまは、一般口座・特定口座で取引される際の現物株式の取引手数料が最大5%割引されます。

NISA割の詳細
  • 毎年初のNISA口座の継続をもって割引率がアップします。つみたてNISAの場合、5年目以降の割引率は5%が適用されます。
  • 他の金融機関にNISA口座を変更し、再度auカブコム証券にNISA口座を戻した場合は1年目(割引率1%)が適用されます。
内容

割引対象

現物株式

割引率

auカブコム証券でNISA口座(一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISA)を開設しているお客さまで、NISA口座継続年数によって、取引手数料を最大5%割引します。

  • 1年目 1%
  • 2年目 2%
  • 3年目 3%
  • 4年目 4%
  • 5年目 5%

(2021年2月28日現在)

NISA申込方法

auカブコム証券口座開設後にお申込みいただけます。

お申込み方法は必要書類をアップロードする「WEB申込」と、必要書類を郵送で送付する「書面申込」の2種類からお選びいただけます。

  • 「WEB申込」はスマートフォンからお申込みすることができません。ご希望のお客さまはPCからお手続きください。
  • NISA口座の開設には本人確認書類の提出が必要です。また、個人番号(マイナンバー)を未提出の場合は、個人番号の提出も必要です。

<スピード開設について>

通常、NISA口座の開設は税務署での審査・開設処理に1~2週間かかりますが、スピード開設ではauカブコム証券の処理が終わり次第、税務署の審査結果を待たずに取引を開始することができます。
スピード開設をご希望のお客さまは申込手続きの中でご指定ください。

  • スピード開設後に取引を行い、その後税務署の審査で開設不可となった場合にはNISA口座で買付された残高は一般口座へ払出されます。
  • この場合、発注されている注文も取消されます。

お申込みの手順

STEP1auカブコム証券にログイン

以下のボタンからauカブコム証券にログインしてください。

お客さまページログイン

STEP2申込方法の選択

「NISA・つみたてNISA」メニューを押して、ご希望の申込方法を選択してください。

図

STEP3申込

  • 「WEBでのお申込みはこちら」を選択されたお客さま
    画面の案内に沿ってお手続きください。
  • 「書面でのお申込みはこちら」を選択されたお客さま
    書類請求画面が表示されます。該当する書類の横にチェックを付け「確認」ボタンを押して、画面の案内に沿ってお手続きください。
  • スピード開設の場合<非課税口座簡易開設届出書>
  • 通常申込の場合<非課税適用確認書の交付申請書 兼 非課税口座開設届出書>
図

STEP1auカブコム証券にログイン

以下のボタンからauカブコム証券にログインしてください。

お客さまページログイン

STEP2申込方法の選択

「NISA・つみたてNISA」メニュー>口座開設申込を押してください。


STEP3申込

書類請求画面が表示されます。該当する書類の横にチェックを付け「確認」ボタンを押して、画面の案内に沿ってお手続きください。

  • スピード開設の場合<非課税口座簡易開設届出書>
  • 通常申込の場合<非課税適用確認書の交付申請書 兼 非課税口座開設届出書>
図

金融商品仲介のお取引は元本割れとなるリスクがあります。また、手数料がかかる場合があります。お取引の前に必ずご確認ください。

金融商品仲介でご案内する商品をお申込みの際は、以下の点にご注意ください。

  • 金融商品仲介における取扱商品は預金ではないため、預金保険制度の対象ではありません。また、当行が元本を保証するものではありません。
  • 店頭FXを含む金融商品仲介は金融商品取引法第33条の登録金融機関による媒介業務です。
  • 金融商品仲介で取扱う有価証券などは、金利・為替・株式相場などの変動や、有価証券の発行者の業務または財産の状況の変化などにより価格が変動し、損失が生じるおそれがあります。
  • お取引に際しては、手数料などがかかる場合があります。手数料などは商品・銘柄・取引金額・取引方法などにより異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。
  • 各商品のリスクおよび手数料などの情報の詳細については、auカブコム証券のウェブサイトの「勧誘方針」、各商品の契約締結前交付書面、目論見書または販売用資料などでご確認ください。
  • 当行は委託金融商品取引業者とは別法人であり、金融商品仲介のご利用にあたっては、委託金融商品取引業者の証券取引口座の開設が必要です。
  • 当行における金融商品仲介のお取引の有無が、お客さまと当行の預金、融資など他のお取引に影響を与えることはありません。また、当行での預金、融資などのお取引内容が金融商品仲介のお取引に影響を与えることはありません。
  • 当行が登録金融機関としてご案内する金融商品仲介の商品やサービスは、委託金融商品取引業者によるものであり、当行が提供するものではありません。
  • 当行には委託金融商品取引業者とお客さまとの契約締結に関する代理権はありません。したがって、委託金融商品取引業者とお客さまとの間の契約の締結権はありません。
  • お取引に際しては、各商品の契約締結前交付書面、目論見書または約款などをご確認のうえ、投資判断はご自身でされるようお願い申し上げます。
  • ご購入いただいた有価証券などは、委託金融商品取引業者に開設された口座でお預かりのうえ、委託金融商品取引業者の資産と分別して保管されますので、委託金融商品取引業者が破たんした際にも、委託金融商品取引業者の整理・処分などに流用されることはなく、原則として全額が保全されます。万が一、一部不足額が生じた場合など、全額の返還ができないケースが発生した場合でも、投資者保護基金により、お一人あたり1,000万円まで補償されます。
  • 原則として、20歳以上のお客さまを対象とさせていただきます。
  • 当行のウェブサイトでご案内している証券会社の商品・サービスおよび取引条件などは、変更される場合があります。最新の情報については、必ず証券会社のウェブサイトでご確認ください。

金融商品仲介を行う登録金融機関

商号等 auじぶん銀行株式会社
登録金融機関 関東財務局長(登金)第652号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
  • auじぶん銀行は、金融商品仲介業者として委託金融商品取引業者であるauカブコム証券株式会社の証券口座開設のお申込み、取次ぎおよびauカブコム証券株式会社の取扱う「株式、投資信託、債券」をご案内しております。
  • 「株式、投資信託、債券(金融商品仲介)」に関するお申込み、お問い合わせなどの各種お手続きはauカブコム証券株式会社が受付します。
  • auじぶん銀行はauカブコム証券株式会社の代理権は有しておらず、また、金融商品仲介業に関してお客さまから金銭もしくは有価証券の預託を受ける事はできません。

委託金融商品取引業者

商号等 auカブコム証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第61号
銀行代理業 関東財務局長(銀代)第8号
電子決済等代行業者 関東財務局長(電代)第18号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人日本STO協会

お問い合わせ

金融商品仲介でご案内する商品・サービス内容については、auカブコム証券のコールセンターへお問い合わせください。

auカブコム証券

電話番号
  • フリーコール
    0120-390-390
  • 携帯
    03-6688-8888
受付時間
  • 平日 8:00~16:00
  • 年末年始を除く
商号等 auカブコム証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第61号
銀行代理業 関東財務局長(銀代)第8号
電子決済等代行業者 関東財務局長(電代)第18号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会 、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人日本STO協会
商号等 auじぶん銀行株式会社
登録金融機関 関東財務局長(登金)第652号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
  • auカブコム証券株式会社は、auじぶん銀行株式会社を所属銀行とする銀行代理業者として、「資金の貸付(住宅ローン・カードローン)」ならびに「円貨建て普通預金の受入れ」を内容とする契約締結の媒介を行います。