<再掲>暗証番号やログインパスワードの管理についてのお願い

2019年11月28日

いつもじぶん銀行をご利用いただき、ありがとうございます。
安全にお取引をいただくため、じぶん銀行から暗証番号・ログインパスワードの管理についてのお願いがございます。

保管・保存方法についてのお願い

お客さま番号・ログインパスワード・暗証番号や、キャッシュカードの裏面にある確認番号表などの認証情報を他人に知られることのないよう、以下のような行為は絶対にしないでください。

①認証情報をメモし、他人の目に触れやすい場所に保管する

② 認証情報をメモし、スマートフォンやパソコンに保存する

③ キャッシュカード裏面の確認番号表を撮影し、スマートフォンやパソコンに保存する

④ ②のメモや③の画像データをクラウドサービスに保存する

  • 近年、犯罪者がインターネットサービス運営会社のシステムにサイバー攻撃を行い、お客さまの登録情報やクラウド内に保存されている情報を盗み取る事例や、お客さまのスマートフォンやパソコンがスパイウェアやウィルスなどに感染し、端末上に保存した情報が盗まれる事例が発生しています。銀行取引で使用する認証情報が流出してしまうと、不正送金の被害にあうリスクが高まりますので、絶対に上記のような管理はしないでください。
  • ご利用中のスマートフォン・パソコンによっては、作成したメモや撮影した写真データが自動的にクラウドサービスに保存される設定になっている場合もあります。設定を確認し、クラウドサービスにデータが保存されている場合には消去してください。
  • お客さまが不正送金などの金融犯罪の被害に遭われた場合、じぶん銀行では被害額の補償を行っておりますが、上記のような認証情報の不適切な保管が原因となる場合には、補償の対象外となったり、補償額が一部減額となる場合がございます。

暗証番号やログインパスワードの適切な設定についてのお願い

暗証番号やログインパスワードは、他人に推測されづらいものを設定し、流用は避けるようにしてください。

  • 暗証番号やログインパスワードを、ロッカーや貴重品ボックス、他のネットサイトで使用するものと共通のものにしていると、一つの暗証番号やログインパスワードが窃取された場合に芋づる式に被害が拡大し大変危険です。

不審な電話やメールについて注意のお願い

暗証番号やログインパスワードを他人に教えるなどの行為は絶対にしないでください。

  • じぶん銀行や警察官、全国銀行協会の職員から、電話やEメールなどで暗証番号やログインパスワードをお尋ねすることは一切ありません。不審な電話やメールをうけとられた場合には、直ちにじぶん銀行お客さまセンターへお電話ください(24時間365日受付)。

じぶん銀行ではお客さまに安心してお取引いただけるよう様々なセキュリティサービスをご提供しておりますので、以下のリンク先をご確認のうえ、ぜひご活用ください。

セキュリティ強化のために

犯罪者によるフィッシングメールなどの手法は年々巧妙化しております。
万が一、認証情報が盗まれてしまった場合に備え、じぶん銀行が提供している各種セキュリティ機能のご利用をご検討ください。

スマホ認証

振込みなどインターネットバンキングによる取引内容を、実行前にお客さまのスマートフォンで承認することにより、不正送金被害の防止に役立ちます。お客さまの入力したお取引内容を元にワンタイムパスワードを自動生成し、お客さまのスマートフォンアプリとじぶん銀行との間で自動的に認証を行います。このため通常のワンタイムパスワード入力による認証方式よりも、より高いセキュリティで、より簡単にお取引いただけます。

  • ご利用は無料です。

インターネットバンキングロック・ATMロック

普段は利用をロックしておき、取引時のみスマートフォンアプリ、ケータイの操作でロックを解除する安心機能です。万が一ログイン情報やキャッシュカードが悪意のある第三者に盗まれたとしても、ロック中であれば不正な利用を確実に防止することが出来ます。

  • ご利用は無料です。

メール通知設定

口座の入出金などを、お取引のたびにEメ―ルでお知らせすることで、不正取引の早期発見に役立つ「メール通知サービス」もおすすめしております。インターネットバンキング、ケータイバンキングの「メール通知設定」で通知内容の設定、変更が可能です。ぜひご活用ください。

  • ご利用は無料です。