商品概要

商品名

住宅ローン

ご利用いただけるお客さま

  • じぶん銀行に円普通預金口座をお持ちのお客さま
  • お申込時のご年齢が満20歳以上満65歳未満で、最終ご返済時が満80歳の誕生日までのお客さま
  • 安定かつ継続的なご収入のあるお客さま
  • じぶん銀行指定の団体信用生命保険にご加入いただけるお客さま
  • 日本国籍のお客さま、または永住許可を受けている外国籍のお客さま
  • じぶん銀行が定める借入条件に該当するお客さま

資金使途・借入用途

じぶん銀行が定める下記の資金使途・借入用途に該当する場合のみ、住宅ローンをご利用いただけます。

  • 戸建・マンション(中古物件含む)の購入資金
  • 戸建の新築資金
  • 他の金融機関で現在借入中の住宅のお借換資金
  • 上記に伴う諸費用
  • リフォームのためのお借入れは、資金使途・借入用途に該当しません。
  • 諸費用のみをお借入れいただくことはできません。
  • 戸建の新築資金の場合、建物完成時に一括でのご融資となります。

諸費用について

じぶん銀行の住宅ローンでは、以下を諸費用として各種資金とあわせてお借入れいただくことができます。

印紙税(売買契約書などに貼付)、登記にかかる登録免許税・司法書士・土地家屋調査士の手数料、住宅ローンお借入れの際に発生する事務手数料、火災保険料、地震保険料、不動産仲介手数料、引っ越し費用 など

お借入れ対象となる物件について

ご本人またはご家族が居住される物件が対象です。

  • ご家族とは、配偶者、配偶者以外の扶養されるご家族、およびご自身または配偶者のご両親に限ります。
  • 投資用や事業用、賃貸用物件などは借入対象外の物件となります。
  • 建築基準法、およびその他の法令に適合している物件に限ります。
  • 借地物件・保留地物件や離島などは借入対象外の物件となる場合があります。
  • 所在地、面積、状況などによって、借入対象外となる場合があります。

借入金額

500万円以上1億円以下(10万円単位)

  • 返済計画に無理のないよう年収によるー部制限があります。

借入期間

1年以上35年以内(1ヶ月単位)

  • お借換えの場合は一部制限があります。

借入金利

「変動金利」「固定金利特約(2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年)」の2種類の金利タイプからお選びいただけます。
また、両者を組合わせる「ミックス」でお借入れいただくこともできます。

  • お借入後、固定金利特約期間を除き、金利タイプを変更することができます。

金利タイプ

変動金利 固定金利特約

特徴

市場の金利情勢などの変化に伴い、変動する金利のことをいいます。

ある一定期間、固定された金利が適用されます。

適用期間

借入期間中、お客さまから金利タイプの変更依頼がない限り適用されます。

2年・3年・5年・10年・15年・20年・30年・35年からご選択いただき、その期間中固定された金利が適用されます。

金利見直し

年2回(4月1日、10月1日)の基準日に、金利の見直しが行われます。

  • 4月1日基準日に決まる新借入金利は、同年6月の返済日の翌日から、10月1日基準日に決まる新借入金利は、同年12月の返済日の翌日から適用します。ただし、基準金利が大きく変動した場合は、基準日以外の日に借入金利を見直す場合もあります。

固定金利特約期間中は見直しを行いません。

金利プラン

全期間引下げプランのみお選びいただけます。

当初期間引下げプラン、全期間引下げプランのいずれかをお選びいただきます。

変更

固定金利特約への変更ができます。

固定金利特約期間中は、金利タイプの変更はできません。

  • 固定特約期間終了後に、金利タイプの変更ができます。

借入金利

住宅ローン規約に基づいたお客さまに適用される金利のことをいいます。
お借入日における金利が適用されます。

基準金利

金利プランにおいて、基準となる金利(基準金利)を定めており、市場金利をもとに下記事項を勘案してじぶん銀行独自の判断で決定します。

  • じぶん銀行が住宅ローンの貸出資金を調達するためのコスト
  • じぶん銀行が住宅ローンの審査・販売に必要な事務および営業コスト
  • じぶん銀行の収益および金融情勢など
  • 固定金利特約の場合、上記以外に、金融市場の動向などに連動して変更します。
  • 毎月の基準金利は、前月末日までに決定し、当行所定の方法により掲示します。

金利プラン

基準金利から一定の金利を引下げるプランを2種類ご用意しています。
お借入れに際して、どちらかの金利プランをご選択いただきます(金利タイプ数2本<ミックス選択>の場合、1契約ずつ、金利プランをお選びいただけます)。

  • 金利プランはお借入時にご決定いただき、お借入後の変更はできません。
当初期間引下げプラン

当初の特約期間を重視し借入金利を引下げます。当該期間中の金利引下幅は全期間引下げプランより大きくなりますが、特約期間終了後の金利の引下幅は全期間引下げプランより小さくなります。

全期間引下げプラン

借入期間中すべての期間において、借入金利を引下げます。当初期間引下げプランに比べ、特約期間中の金利引下幅は小さくなります。

返済方法

「元利均等返済」と「元金均等返済」の2つの方法があります。

  • お借入時にお選びいただいた返済方法を変更することはできません。
元利均等返済

返済開始から終了するまでの期間、毎月の返済額を「元金」と「利息」の合計が均等となるように計算した返済方法です。
毎月の返済額が一定となり無理のない返済が実現できますが、残高の減りは「元金均等返済」に比べ遅くなり、支払利息額は大きくなります。

<元利均等返済をご選択の場合のご注意>
  • 金利タイプを「変動金利」でお借入れの場合、返済額は5年ごとに見直されるため、5年以内に借入金利が変動した場合も5年後の見直しまで返済額は変更されません(基準日は5年ごとの10月1日となります)。ただし、借入金利が上昇し返済額が増額となる場合も、それまでの返済額の125%を超えることはありません。
  • 金利情勢などにより、最終返済期日が到来しても返済が完了せず、未返済残高が残る可能性があります。この場合、原則として最終返済期日に全額返済をしていただきます。
元金均等返済

毎月の返済額を「返済回数で均等に割った元金」と「その月の利息」の合計額になるように計算した返済方法です。
借入金利が同一の場合、返済当初の返済額は元金が多いため、毎月の返済額も大きくなりますが、返済が進むと残高が少なくなり、その部分にかかる利息が減少するため、返済額が少なくなります。
元金が均等に減っていくため、「元利均等返済」に比べ、支払利息額は少なくなります。

ご返済は、「毎月返済」と「毎月返済と半年毎増額返済の併用」からお選びいただけます。

  • 半年毎増額返済は、借入金額の50%まで充当することができます。
  • 半年毎増額返済は、6ヶ月ごとの指定月をお選びいただきます。

返済日

  • 返済日は、2日、7日、12日、17日、22日、27日のいずれかをご指定いただきます。
  • ご指定いただいた返済日に、じぶん銀行のお客さま名義の円普通預金口座から自動引落としを行います。そのため、ご返済日の19:00までに当該口座に残高がない場合は、引落としができず遅延損害金が発生します。
  • 返済日が、土・日・祝休日・12月31日~1月3日の場合は、翌営業日に自動引き落としが行われます。

手数料

住宅ローンで発生する各種手数料は以下のとおりです。

事務手数料

借入金額に対して2.16%(税込)

一部繰上返済手数料

無料

全額繰上返済手数料

適用中の金利タイプにより手数料がかかります。

  • 変動金利適用中の場合は、無料です。
  • 固定金利特約適用中の場合は、32,400円(税込)の手数料がかかります。
金利タイプの変更手数料
  • 変動金利から固定金利特約への変更の場合は、無料です。
  • 固定金利特約期間中は、金利タイプの変更ができません。

保証料

保証会社を利用しないため、保証料は不要です。

担保

  • 借入対象物件(土地・建物)にじぶん銀行を第一順位とする抵当権を設定します。
  • じぶん銀行が指定する司法書士が抵当権の設定手続きを行います。
  • 抵当権設定手続きに伴う各種費用が事務手数料とは別途、発生します。

連帯保証人

連帯保証人は原則不要です。ただし、ペアローンおよび収入合算のお申込みの場合は、以下の通りとなります。

  • ペアローンをお申込みの場合は、お互いに連帯保証人となります(ペアローンをご利用いただく場合は、それぞれのお客さまのお申込手続きが必要です)。
  • 収入合算でのお申込みの場合は、収入合算者となるお客さまが連帯保証人となります。
  • 同居の家族に限ります。

借入対象物件(土地・建物)が共有名義の場合、共有される方は担保提供者(物上保証人)となります。

  • 連帯債務の取扱いはありません。

遅延損害金

返済日に引落としができない(延滞された)場合、遅延している元金に対して年14.0%の遅延損害金が発生します(1年を365日とする日割り計算)。

遅延損害金の計算方法
[遅延している元金] × [遅延損害金年率] ÷365日 × [返済日の翌日からの経過日数]
  • 返済日の翌日から計算されます。
  • 1円単位で計算されます。
  • 延滞後のご返済は、なるべくお早めに通常時の返済と同じくお客さま名義の円普通預金口座へ、延滞分の返済額(元金+利息)と遅延損害金を合計した金額をご入金ください。
  • 遅延損害金は、住宅ローンマイページ内の「ご契約内容と一部繰上返済」画面にてご確認ください。

金利変動リスクについて

最終のご返済日までの借入金利が確定している場合を除き、お客さまの選択された金利タイプ(変動金利または固定金利特約)に応じて借入金利が見直されます。
金利情勢などによっては、お客さまの借入金利が上昇し、結果として、ご返済の負担が増加するリスクがあります。
それぞれの金利タイプに応じた金利変動の仕組みや、将来、金利が上昇した場合の返済額増加のリスクについて、十分にご理解いただきますようお願い申し上げます。

  • 借入金利と返済額に変更がある場合は、住宅ローンマイページの「返済予定明細」をご確認ください。
  • ご返済額の目安は、住宅ローンシミュレーションをご利用いただくことで、いつでもご確認いただけます。また、じぶん銀行住宅ローンセンターへのお問い合わせも承っています。

団体信用生命保険

住宅ローンのお客さま(被保険者さま)に万が一のことが発生した場合に、生命保険会社が住宅ローン残高に相当する保険金をじぶん銀行に支払うことで、お客さまに代わり、住宅ローンを返済する制度です。

  • じぶん銀行の住宅ローンご契約者は、必ずご加入いただきます。
  • ご加入いただくプランにより、借入金利に上乗せ金利が設定されます。

住宅ローンマイページ利用時間

住宅ローンマイページは、原則として24時間365日(当行のシステムメンテナンスの時間帯を除く)ご利用いただけます。

システムメンテナンスの時間帯

毎月第2土曜日21:00~翌7:00

  • その他、臨時メンテナンスなどによりサービスをご利用いただけなくなる場合、当行のウェブサイトでお知らせします。

指定紛争解決機関

一般社団法人全国銀行協会 全国銀行協会相談室
0570-017109、03-5252-3772

受付時間
平日 9:00~17:00

  • 土・日・祝休日、および12月31日~1月3日を除く

商品詳細説明書

じぶん銀行の住宅ローンをご利用いただく前に、必ず商品詳細説明書を熟読いただき、商品内容を十分にご理解・ご確認ください。

Get ADOBE READER
商品詳細説明書など住宅ローンに関する各種書面(PDFファイル)をお読みいただくためには、「Adobe Reader」が必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より、無料でダウンロード可能です。
  • アドビシステムズ、AdobeReaderおよびAdobeReaderのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。
[はじめての住宅ローン] おぼえておきたい6つのポイントを簡単に解説

新規お申込み

住宅ローンのお申込みはこちらから

マイページログイン

住宅ローンマイページのログインはこちらから

よくあるご質問

お問い合わせ

じぶん銀行住宅ローンセンター

受付時間
  • 平日 9:00 ~ 20:00
  • 土・日・祝休日 9:00 ~ 17:00
  • 12月31日~1月3日を除く。
電話番号
0120-926-777
  • 携帯電話、スマートフォンからもご利用いただけます。
メニュー番号 お問い合わせ内容

1

お申込前のお客さまのお問い合わせ

2

お申込中のお客さまのお問い合わせ

3

お借入中のお客さまのお問い合わせ

4

上記以外のお客さまのお問い合わせ