変動金利(全期間引下げプラン) 年0.497%<10月適用>

2017/10/22 現在

変動金利

変動金利とは、市場の金利情勢などの変化に伴い、変動する金利のことをいいます。固定金利特約期間を除き、借入期間中いつでも金利タイプ(変動金利、固定金利特約)の変更ができるため、金利の動きを見ながら柔軟な対応ができます。

  • 住宅ローンの金利は、お申込時ではなく実際にお借入れいただく日の金利が適用となります。
  • 住宅ローンをお借入れいただく際に、必ず団体信用生命保険にご加入いただきます。ご加入いただくプランにより、上乗せ金利が設定されます。
固定10年(当初期間引下げプラン) 年0.59%<10月適用>

2017/10/22 現在

固定金利特約

固定金利特約とは、ある一定期間、固定された金利が適用されるタイプです。
固定金利特約期間は、2年・3年・5年・10年・15年・20年・30年・35年からお選びいただけます。

じぶん銀行の住宅ローンでは、お借入れに際して、基準金利から借入金利引下げを行う2種類の金利プランをご用意しており、同じ固定金利ながらも引下幅が異なるため、適用金利が異なります。

  • 住宅ローンの金利は、お申込時ではなく実際にお借り入れいただく日の金利が適用となります。
  • 住宅ローンをお借入れいただく際に、必ず団体信用生命保険にご加入いただきます。ご加入いただくプランにより、上乗せ金利が設定されます。

金利タイプ・金利プランの選び方

じぶん銀行の住宅ローンをお借入れになる際には、無理なく返済できるように返済計画をたてることがポイントです。
これから、自分の収入はどうなるか、子供の教育資金、老後の生活などライフプランにあわせて計画いただくことが肝要であり、特に金利タイプ・金利プランをどのように設定するかは返済計画に大きな影響を与えます。

金利タイプとは

じぶん銀行の住宅ローンの金利タイプは、変動金利と固定金利特約の2種類をご用意しています。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、その特徴を理解してご自身の返済計画にぴったりなものを選びましょう。

  • 変動金利、固定金利特約の2種類を組合わせてお借入れいただけるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。
変動金利 固定金利特約

特徴

市場の金利情勢などの変化に伴い、変動する金利が適用されます。

ある一定期間、固定された金利が適用されます。

適用期間

借入期間中、お客さまから金利タイプの変更依頼がない限り適用され続けます。

2年・3年・5年・10年・15年・20年・30年・35年からご選択いただき、その期間中固定された金利が適用されます。

金利の動き

金利が変動します
選択された期間中は金利が固定されます

金利見直し

年2回借入金利の見直しが行われます。

固定金利特約期間中は見直しを行いません。

金利タイプの変更

変動期間選択中は、いつでも固定金利特約への変更ができます。

固定金利特約期間終了後は、金利タイプの変更ができます。

金利プラン

全期間引下げプランのみお選びいただけます。

当初期間引下げプラン、全期間引下げプランのいずれかをお選びいただけます。

メリット

金利動向に対して、柔軟に対応できます。

金利が固定されるため、返済計画が立てやすくなります。

デメリット

金利変動のリスクがあります。

金利動向に対して、柔軟な対応が難しくなります。

金利プランとは

じぶん銀行の住宅ローンでは、基準金利から金利引下げを行う金利プランを2種類ご用意しており、お借入れに際して、どちらかの金利プランをご選択いただきます(金利タイプ数2本<ミックス選択>の場合は、1契約ずつ、金利プランをお選びいただけます)。

当初期間引下げプラン

当初の特約期間を重視し金利を引下げます。当該期間中の金利引下幅は全期間引下げプランより大きくなりますが、特約期間終了後の引下幅は全期間引下げプランよりも小さくなります。

全期間引下げプラン

借入期間中すべての期間において金利を引下げます。当初期間引下げプランに比べ、特約期間中の金利引下幅は小さくなります。

  • 金利プランはお借入時にご決定いただきます。お借入後に金利プランを変更することはできません。

注意事項

  • 金利は、お申込時ではなく実際にお借り入れいただく日の金利が適用となります。
  • 金利タイプは、変動金利と固定金利特約の2種類があります。変動金利から固定金利特約への変更はできますが、固定金利特約期間中は、金利タイプの変更を行うことはできません。金利タイプの変更については、以下よりご確認ください。
  • 金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。お申込みの際にご決定いただきます。
  • 金利プランは、当初期間引下げプランと全期間引下げプランの2種類があります。金利プランはお借入時にご決定いただきます。お借入後に金利プランを変更することはできません。
  • 金利情勢などにより、借入金利の見直しを行う場合があります。
  • 住宅ローンをお借入れいただく際に、必ず団体信用生命保険にご加入いただきます。ご加入いただくプランにより、上乗せ金利が設定されます。
  • お借入れに際して、じぶん銀行にて審査を行います。審査の結果によりご希望に添えないことがありますので、あらかじめご了承ください。
  • 借入金額は500万円以上1億円以下、借入期間は1年以上35年以下となります。また、お借入れに際して借入金額の2.16%(税込)の事務手数料が発生します。ご契約中の各種手続きに伴い発生する手数料は以下をご確認ください。
  • 借入対象の物件(土地・建物)に、じぶん銀行を第一順位とする抵当権を設定します。
  • 借入金利と返済額は、住宅ローンマイページでご確認いただけます。借入金利および返済額に変更がある場合には、返済予定明細にてご連絡します。将来、金利が上昇した場合、返済額が増加する場合があります。返済額の目安は、住宅ローンシミュレーションにて、いつでもご確認いただけます。
  • 住宅ローンをお借入れになる前に、必ず商品詳細説明書などをご確認ください。

変動金利について

  • お借入後、年2回(4月1日、10月1日)の基準日に、借入金利の見直しを行います。4月1日基準日で決定する新借入金利は、同年6月の約定返済日の翌日から、10月1日基準日で決定する新借入金利は、同年12月の約定返済日の翌日から適用します。ただし、金融情勢などにより基準金利が大幅に変動した場合には、それ以外の日に見直すことがあります。
  • お借入後、固定金利特約への変更のお申し出がない限り、借入期間中変動金利が適用されます。

元利均等返済のご注意

  • お借入後5回目の10月1日を基準日とする借入金利の見直しを行うまで返済額を一定のままとします。この期間中、借入金利に変更があった場合も返済額は一定のまま、その内訳である元金と利息の金額が各々変更となります。以降5年ごとに返済額の見直しを行います(これを5年ルールといいます)。
  • お借入後5回目の10月1日を基準とした見直しにて毎回の返済額を再計算しますが、借入金利が上昇し返済額が増額となった場合でも、それまでの返済額の125%を超えることはありません(これを125%ルールといいます)。

元金均等返済のご注意

  • 返済額を「元金を均等割した金額」と「利息」の合計額になるように計算した返済方法のため、元金の減少や借入金利の変動に伴い返済額は都度変わります。

固定金利特約について

  • 固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からご選択いただきます。ご選択いただいた固定金利特約期間中に適用される借入金利は固定です。また、元利均等返済をご選択の場合は返済額も変動しません。
  • 原則として、固定金利特約期間中は、別の金利タイプへ変更することはできません。
  • 固定金利特約期間終了後の変動金利適用期間中はいつでも固定金利特約へ変更いただけますが、返済日の原則10日前までにじぶん銀行へご連絡ください。
  • 固定金利特約期間終了時に、再度固定金利特約をご希望される場合は、現在の固定金利特約期間終了日の原則10日前までにじぶん銀行住宅ローンセンターへご連絡ください(住宅ローン残存期間を超える固定金利特約へ変更することはできません)。
  • 変更後の借入金利は、じぶん銀行所定の手続完了後に到来する返済日の翌日から適用されます。
[はじめての住宅ローン] おぼえておきたい6つのポイントを簡単に解説

新規お申込み

住宅ローンのお申込みはこちらから

マイページログイン

住宅ローンマイページのログインはこちらから

よくあるご質問

お問い合わせ

じぶん銀行住宅ローンセンター

受付時間
  • 平日 9:00 ~ 20:00
  • 土・日・祝休日 9:00 ~ 17:00
  • 12月31日~1月3日を除く。
電話番号
0120-926-777
  • 携帯電話、スマートフォンからもご利用いただけます。
メニュー番号 お問い合わせ内容

1

お申込前のお客さまのお問い合わせ

2

お申込中のお客さまのお問い合わせ

3

お借入中のお客さまのお問い合わせ

4

上記以外のお客さまのお問い合わせ