テクニカル分析

株価や通貨などの値動きの推移をグラフ化したチャートを読み、分析することを「テクニカル分析」といいます。 投資家の心理状態を分析し、今後の値動きを予測する手法です。

今回は代表的なテクニカル分析として「ローソク足」、「単純移動平均線」、「ボリンジャーバンド」、「RSI」、「MACD」、「ストキャスティクス」また、じぶん銀行FXでお使いいただける「一目均衡表」「RCI」「パラボリック」を解説します。

ローソク足 [外貨][FX]

[図]

値動きを一目で判別するための記号であり、テクニカル分析の基本中の基本です。

ローソク足

単純移動平均線 [外貨][FX]

[図]

投資家の損益状況を把握することで、上がりやすい状況なのか、逆に下がりやすい状況なのかを判断します。

単純移動平均線

ボリンジャーバンド [外貨][FX]

[図]

大抵の値動きが一定の幅に収まるはずという前提のもと、価格の上限と下限を一目で分かりやすいように表示する手法です。

ボリンジャーバンド

RSI [外貨][FX]

[図]

一定期間における相場の「値上がり幅」と「値下がり幅」を活用して、買われ過ぎなのか、逆に売られ過ぎなのかを判断する手法です。

RSI

MACD [外貨][FX]

[図]

短期の移動平均線と中長期の移動平均線を使用することで、買いと売りを判断する手法です。

MACD

ストキャスティクス [外貨][FX]

[図]

一定期間の高値と安値を活用して、買われ過ぎなのか売られ過ぎなのかを判断する手法です。

ストキャスティクス

一目均衡表 [FX]

[図]

日本で生まれ、現在でも世界中で利用されている指標です。時間軸を重視して、5本の線と雲で相場の動向を予測します。

一目均衡表

RCI [FX]

[図]

「価格」と「日付」に順位をつけて、両者の関係を分析する手法です。

RCI

パラボリック [FX]

[図]

相場の状況が変わる「転換点」に着目して考案された手法です。

パラボリック

「単純移動平均線」や「MACD」は相場の値動きが上下はっきりしている時に使いやすく、「ボリンジャーバンド」、「RSI」、「ストキャスティクス」は相場の値動きが横ばいの時に使いやすいなど、少しずつ特徴が異なりますが、相場動向から投資家の心理状況を分析し、今後の値動きを予測しようという点に違いはありません。また、じぶん銀行FXでは「一目均衡表」「RCI」「パラボリック」もご利用いただけます。使いやすいテクニカル指標を選んでみましょう。複数のテクニカル分析を組合わせて、複眼的な分析をしてみることも一考です。

CHECK! 「ファンダメンタルズ分析」

マーケットを分析したり、予測したりする手法は、主に「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」に分類されます。ファンダメンタルズ分析は企業であれば業績や財務状況を分析し、予測することで、その企業の株式を買いなのか売りなのかを判断します。国であれば経済状況や財務状況を見て、その国の通貨が上昇するのか、それとも下落するのかを判断することになります。

【情報提供】株式会社フィスコ FISCO Ltd.

掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとにフィスコが作成・表示したものですが、その内容および情報の正確性、完全性、適時性について、フィスコは保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。

本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はフィスコに帰属し、事前にフィスコへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。

フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。本資料は、本資料により投資された資金がその価値を維持または増大することを保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。

投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いします。以上の点をご了承の上、ご利用ください。

「外貨預金」「じぶん銀行FX」には元本割れや投資金額を超える損失が発生するリスクがあります。また、手数料がかかる場合があるため、各商品の重要事項を必ずご確認ください。

  • 外貨預金には為替変動リスクがあります。外貨預金の預入時(円→外貨)より払戻時(外貨→円)の為替相場が円高になる場合、または為替相場にまったく変動がない場合でも、往復の為替手数料(1米ドルまたは1ユーロあたり50銭、1豪ドルあたり1円、1中国元または1ランドあたり40銭、1レアルあたり1円80銭、100ウォンあたり40銭、1NZドルあたり80銭)がかかるため、払戻時の円換算額が、預入時の円貨額を下回る(円貨ベースで元本割れとなる)可能性があります。
  • 外貨預金は預金保険制度の対象外です。
  • 中国元、レアル、ウォン、ランドは各政府の通貨政策や市場環境の変化などにより、流動性の低下、市場機能の低下および規模の縮小の可能性があり、為替レートが大幅に変動するリスクやお取引を停止する場合があります。中国元、レアル、ウォン、ランドのお取引にあたっては、これらのリスクがある点をご理解のうえ、お取引ください。
  • 詳しくは、外貨預金の詳細および契約締結前交付書面を必ずご確認いただき、お取引ください。

  • じぶん銀行FXは元本保証されたものではなく、「外国為替」を売買する取引であることから、外国為替相場(売買対象通貨の価格)の変動などにより損失が生じる可能性があります。また、投資金額を超える損失を被る可能性があります。
  • じぶん銀行FXとは、一定額の「証拠金」を預けて、投資金額に比べて大きな金額の「外国為替」を売買できる取引です(外貨預金とは異なります)。取引維持のために必要な証拠金額は、建玉の建値の4%です(新規注文時に必要な証拠金額は、新規建玉の建値の5%)。
  • じぶん銀行FXにおいて、当行が提示する売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。流動性が著しく低下する時間帯や経済指標発表時など、相場状況によってはスプレッドが拡大する可能性があります。
  • スワップポイント(金利差調整額)をお受取りまたはお支払いいただきます。スワップポイントは、一定期間固定されたものではなく、取引対象通貨の金利情勢などに応じて変動し、受取りから支払いに転じることがあります。
  • 必ず重要事項をご確認いただき、十分にご理解のうえ、お取引ください。
商号等 株式会社じぶん銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第652号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
じぶん銀行FXにおける重要事項

株式会社じぶん銀行