[FXクイズキャンペーン] マンガを読んでクイズに答えて1,000円ゲット!
[米国雇用統計] 注目!月に1度の経済指標発表!

商品詳細(じぶん銀行FX取引ルール)

じぶん銀行FX取引口座の開設基準

  • 1.以下の要件をすべて満たし、当行のルールを遵守し「じぶん銀行FX」の節度ある利用を行えるお客さまに限り、お取引いただけます。
    • (1)当行に円普通預金口座を開設していること
    • (2)日本国内に居住する20歳以上70歳未満の行為能力を有する個人であること
    • (3)店頭外国為替証拠金取引の仕組み、リスクを理解し、契約締結前交付書面、取引ルールおよびじぶん銀行FX規約などの内容をご理解、ご承諾いただくこと
    • (4)投資の方針として、元本割れリスクを許容できること
    • (5)インターネットを利用できる環境を有していること
    • (6)十分な金融資産を保有していること
    • (7)当行からメール・電話・郵送で常時連絡が取れること
    • (8)金融先物取引業協会の会員企業において金融先物取引業務に従事していないこと
    • (9)前各号のほか当行が定める要件
  • 2.当行が前項の要件および当行が定める基準により「じぶん銀行FX」の口座開設の可否を審査し、お客さまが「じぶん銀行FX」のルールおよびリスクを理解し、契約締結前交付書面、注意喚起文書、各規約、本取引ルールなどの内容を熟知していることを当行が確認した場合に限り、お客さまは「じぶん銀行FX」を行うことができるものとします。なお、審査の結果、口座開設ができない場合にも、当行はお客さまにその理由を開示しないものとします。
  • 3.登録の連絡先(電話番号など)が不通となりご連絡が取れない際には、新たに連絡先が登録されるまで取引を制限させていただく場合があります。

商品内容

取引通貨ペア

8通貨11ペア

対円通貨ペア
米ドル/円(USD/JPY)、ユーロ/円(EUR/JPY)、ポンド/円(GBP/JPY)、豪ドル/円(AUD/JPY)、スイスフラン/円(CHF/JPY)、加ドル/円(CAD/JPY)、NZドル/円(NZD/JPY)、ランド/円(ZAR/JPY)
対外国通貨ペア
ユーロ/米ドル(EUR/USD)、ポンド/米ドル(GBP/USD)、豪ドル/米ドル(AUD/USD)
取引手数料 無料
スプレッド

取引には当行所定のスプレッドが適用されます。

  • 流動性が著しく低下する時間帯や経済指標発表時など、相場状況によってはスプレッドが拡大する可能性があります。
取引コース 取引数量の違いにより、「ミニ」、「通常」、「大口」の3種類があります。
取引単位

各通貨ペア共通で取引コースごとに、以下の通りとします。

ミニ
1,000通貨単位
通常
1万通貨単位
大口
50万通貨以上10万通貨単位
  • ただし、ランド/円のみ以下の通りとなります。
    ミニ:1万通貨単位、通常:10万通貨単位、大口:取扱いなし
新規注文1回あたりの上限
ミニ
9,000通貨まで
通常
49万通貨まで
大口
300万通貨まで
  • ただし、ランド/円のみ以下の通りとなります。
    ミニ:9万通貨まで、通常:300万通貨まで、大口:取扱いなし
1日あたり新規建取引高制限
ミニ
15,000万通貨まで
通常
15,000万通貨まで
大口
9,000万通貨まで
  • ただし、ランド/円のみ以下の通りとなります。
    ミニ:9,000万通貨まで、通常:9,000万通貨まで、大口:取扱いなし
建玉上限

各通貨ペア、取引コースごとに、以下の通りとします。

ミニ
1000万通貨
通常
1000万通貨
大口
600万通貨
  • ただし、ランド/円のみ以下の通りとなります。
    ミニ:600万通貨、通常:600万通貨、大口:取扱いなし
取引時間

月曜日 7:00~翌6:50

(サマータイム 7:00~翌5:50)

火曜日~金曜日 7:10~翌6:50

(サマータイム 6:10~翌5:50)

原則として、24時間365日*ご注文を受付けます。

  • * ログイン不可(システムメンテナンス)時間や、注文の種類によっては注文の受付時間に制限があります。
  • サマータイムの適用期間は、原則として3月第2日曜日から11月第1日曜日までとなります。
  • クリスマスおよび年末年始の取引時間は、当行が別途定めるものとします。
システムメンテナンス時間

火曜~金曜 6:50~7:10

(サマータイム 5:50~6:10)

土曜 6:50~12:00

(サマータイム 5:50~12:00)

毎月第2土曜日21:00~翌7:00

取引種類

新規、決済、FIFO

  • FIFOとは、新規/決済を区別せず発注する方法です。建玉がある場合には決済注文、建玉がない場合には新規注文となります。決済注文となる場合は、古い建玉から順に決済を行い、決済可能数量を超えた注文数量については新規注文として扱われます。
注文種類

ストリーミング注文

「買い気配」値(アスクレート:ASK)および「売り気配」値(ビッドレート:BID)を同時に表示し、「買い気配」値または「売り気配」値をクリックすることで取引を約定させる注文方法です。
なお、全建玉または複数建玉の一括決済注文においては、分割約定となり必ずしも約定レートが同一とならない場合があります。

  • 外国為替取引の性質上、スリッページ(お客さまの指定レートより不利なレート、または有利なレートで約定)や約定拒否が生じる可能性があります。

通常注文

成行注文(自動成立)
お客さまが取引レートを指定せずに、市場の実勢レートで売買を行う注文です。最新の取引レートにて常に約定します。
なお、全建玉または複数建玉の一括決済注文においては、分割約定となり必ずしも約定レートが同一とならない場合があります。
指値注文
売買する取引レートを指定する注文です。買いの場合には現在の実勢レート(アスクレート:ASK)より低い取引レートを、売りの場合には実勢レート(ビッドレート:BID)より高い取引レートをお客さまに指定していただきます。
逆指値注文
売買する取引レートを指定する注文です。指値注文と異なり、買いの場合には現在の実勢レート(アスクレート:ASK)より高い取引レートを、また、売りの場合には逆に実勢レート(ビッドレート:BID)より低い取引レートをお客さまに指定していただきます。
  • 外国為替取引の性質上、スリッページ(お客さまの指定レートより不利な取引レートで約定)が生じる可能性があります。
ストップリミット注文
あらかじめストップ価格とリミット価格の2種類の価格を設定する注文です。ストップ価格が条件となり、その条件に実勢レートが到達するとリミット注文が有効になります。(ストップ価格以上になったら買いの指値注文、ストップ価格以下になった場合は売り指値注文が行われる予約注文です。)ストップ価格に実勢レートが到達していない場合は、リミット注文は有効化しません。
トレール注文
発注した逆指値注文を発注後の相場変動によって、その価格を自動的に変動させていく注文です。

IFD注文(イフダン注文)

新規の注文を出すとともに、その注文が約定した場合に有効となる決済注文を同時に出す注文です。なお、決済注文は、指値注文、逆指値注文、トレール注文、あるいはOCO注文から選ぶことができます。2 つの注文の取引数量は同額となります。

OCO注文(オーシーオー注文)

指値注文と逆指値注文の2つを同時に出すことができる注文です。一方が約定したときは、約定していない注文が自動的に取消されます。2つの注文の取引数量は同額となります。

注文の有効期限
当日
注文を出した日の翌6:50(サマータイム 5:50)まで有効です。
無期限
お客さまが取消しをされるまで有効です。
日付指定
お客さまが指定された日の翌6:50(サマータイム 5:50)まで有効です。
月曜日オープン時の約定について

月曜日オープンまでに、指値もしくは逆指値注文を行い、月曜日オープン時にその約定条件を満たしていた場合は、売り・買い、新規・決済に関わらず、月曜日オープン時の取引レートで約定します。IFD注文、OCO注文は、いずれも指値・逆指値注文の組合せになりますので、それぞれの約定ルールも同様です。

具体例

99.50円買い指値注文の場合
条件を満たしていればオープン時取引レートで約定
[図] 99.50円買い指値注文の場合、条件を満たしていればオープン時取引レートで約定
99.50円売り逆指値注文の場合
条件を満たしていればオープン時取引レートで約定
[図] 99.50円売り逆指値注文の場合、条件を満たしていればオープン時取引レートで約定
  • お客さまにとって有利な約定もあれば、不利な約定も発生(スリッページ)する可能性がありますので、ご注意ください。
  • 週末に大きな為替相場の変動要因があり、月曜日オープンの時点で自動ロスカットレートを下回っている場合、証拠金を上回る損失が生じる可能性がありますのでご注意ください。
スワップポイント 2国通貨間の金利差を調整するために、その差分に基づいて算出されるものです。 「高金利通貨買い・低金利通貨売り」の場合はスワップポイントの受取りとなり、逆に「高金利通貨売り・低金利通貨買い」の場合はスワップポイントをお支払いいただきます。
証拠金

じぶん銀行FXの取引にあたり、あらかじめ当行が定める証拠金額を現金で差入れていただきます。ただし、証拠金額が法令に定める預託金額(以下「法定預託金額」という)に満たない場合には、法定預託金額以上の金銭を預託するものとします。

注文必要証拠金
注文のために必要な証拠金の金額で、新規建玉の建値の5%です。
建玉必要証拠金
取引維持のために必要な証拠金の金額で、建玉の建値の4%です。
  • ただし、非対円取引の場合には最新のビッドレートで円転して、必要証拠金を算出します。両建ての場合には、同一通貨ペアの組合せで売建玉と買建玉のうち、数量の多い方の建玉の証拠金の合計額とします。また、証拠金の受入は、円貨のみであり、外貨の受入はできません。
取引報告などの交付 取引報告書などの交付はすべて電子交付となります。
自動ロスカットルール

じぶん銀行FX口座の時価評価額が建玉必要証拠金の100%を下回ると、自動ロスカットが発動し、全未約定注文が取消されかつ全建玉が強制的に決済されます。ロスカットの判定はリアルタイムで行われます。

  • 自動ロスカットルールはあくまでお客さまの損失の拡大を防ぐことを目的としており、損失額を保証するものではありません。為替相場の状況次第では、お客さまからお預かりしている証拠金の金額以上の損失が発生する可能性があることをあらかじめご了承ください。
  • 証拠金余力が、建玉必要証拠金に比して余裕がない場合、為替変動による僅かな時価評価額の動きによっては、即座に自動ロスカットが発動する可能性がありますので、ご注意ください。
証拠金振替ルール

証拠金の振替指示取扱時間

  • 7:20~翌6:40(サマータイム 6:20~翌5:40)

休日・祝日も振替指示が可能です。

証拠金振替後は、じぶん銀行FX取引画面上でご確認いただけます。

以下の時間帯は振替できません。

  • 毎週土曜日 6:40~12:10(サマータイム 5:40〜12:10)
  • 毎月第2土曜日 20:55~翌7:05
円普通預金口座からじぶん銀行FX口座へ振替える場合

じぶん銀行FX取引画面にて、振替指示をしてください。円普通預金口座からじぶん銀行FX口座へ振替を行うと、じぶん銀行FX 取引画面上においてリアルタイムで現金残高へ反映されます。

じぶん銀行FX口座から円普通預金口座へ振替える場合

じぶん銀行FX取引画面にて、振替指示をしてください。振替可能金額の範囲内で振替可能です。なお、決済益および受取りとなったスワップポイントについては、2営業日後に資金の受渡しが行われるまで円普通預金口座への振替はできませんので、ご注意ください。じぶん銀行FX口座から円普通預金口座へ振替を行うと、じぶん銀行FX取引画面上においてリアルタイムで現金残高へ反映されます。

税金について

お客さまが行ったじぶん銀行FXで発生した益金(決済建玉のスワップポイントを含む)は、雑所得として申告分離課税の対象となり、確定申告をする必要があります。税率は「復興特別所得税」を含め、20.315%(国税15.315%、地方税5%)が適用されます。 また、じぶん銀行FXにおける損益は、差金など決済をした他の先物取引の損益と通算でき、また通算して損失となる場合には、一定の要件の下、翌年以降3年間繰越すことができます。

なお、未決済建玉の評価損益(為替損益およびスワップポイント損益)は課税対象外となります。詳しくは最寄りの税務署へご相談ください。

通知サービス一覧

じぶん銀行FXのお取引き画面より、設定の変更が可能です。

じぶん銀行FX約定通知
じぶん銀行FXのご注文が約定したときに通知します。
じぶん銀行FX注文有効期限切れ通知
じぶん銀行FXのご注文の有効期限が終了し、ご注文が失効したときに通知します。
じぶん銀行FXプレアラート通知
じぶん銀行FX口座の証拠金維持率が150%を下回ったときに通知します。
じぶん銀行FXアラート通知
じぶん銀行FX口座の証拠金維持率が125%を下回ったときに通知します。
じぶん銀行FXロスカット通知
じぶん銀行FX口座の証拠金維持率が100%を下回り、自動ロスカットルールにより、全建玉を強制決済したときに通知します。
じぶん銀行FX指定レート通知
じぶん銀行FX口座において、お客さまの設定した取引レートに到達したときに通知します。

禁止・解除事項

  1. お客さまが、関連法令・諸規則など、契約締結前交付書面、規約、取引ルールに定める事項に違反した場合やその他やむを得ない事由が生じた場合には、当行は直ちにお客さまのじぶん銀行FXのご利用を禁止する、またはじぶん銀行FX口座を解除します。
  2. 上記の解除手続きのために、当行は任意でお客さまの注文取消を行うこと、また一時的にお客さまの取引を制限することができるものとします。

契約締結前交付書面

じぶん銀行FXをお申込みいただく前に、必ず契約締結前交付書面を熟読いただき、商品内容を十分にご理解のうえ、余裕資金でお取引ください。

最新版(更新日:2017年4月版)

Get ADOBE READER
契約締結前交付書面(PDFファイル)をお読みいただくためには、「Adobe Reader」が必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より、無料でダウンロード可能です。
  • アドビシステムズ、AdobeReaderおよびAdobeReaderのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

じぶん銀行FXにおける重要事項

  • じぶん銀行FXは、金融商品取引法において不招請勧誘禁止の対象となっている店頭デリバティブ取引であるため、お客さまより事前に要請がない限り訪問・電話による勧誘ができない取引です。
  • じぶん銀行FXとは、一定額の「証拠金」を預けて、投資金額に比べて大きな金額の「外国為替」を売買できる「取引」です(外貨預金とは異なります)。
  • じぶん銀行FXは、お客さまと当行との相対取引です(金融商品取引所取引ではありません)。
  • じぶん銀行FXにおいて、当行が提示する売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
  • じぶん銀行FXは、取引金額がお客さまの預託しなければならない証拠金の額に比べて大きい額となっており、投資額以上の損失が生じる可能性があります。

じぶん銀行FXのリスクなど

価格変動リスク

為替相場は日々変動するため、相場状況により損失が発生する可能性があります。また、取引金額がその取引についてお客さまが預託すべき証拠金の額に比して大きいため、相場状況によっては差入れた証拠金以上の損失が発生する可能性があります。

価格変動、金利変動による損失を限定するため、自動ロスカットルールを設けていますが、相場の急激な変動により預託証拠金を超える損失が生じるおそれがあります。相場の急激な変動により、売値と買値の差(スプレッド)が広くなるなど、意図した取引ができない可能性があります。

コンバージョンリスク クロスカレンシー取引(自国通貨を含まない通貨ペアの取引)においては、決済が当該通貨ではなく、円貨でなされることから、決済時に当該通貨の為替リスクの他に円との為替リスクがあります。
金利変動リスク 取引を行っている2国間の通貨の金利が変動することなどにより、保有する建玉のスワップポイントの受取額が減少する可能性、支払額が増加する可能性があります。また、取引を行っている2国間の通貨の金利水準が逆転した場合などは、それまでスワップポイントを受取っていた建玉で支払いが発生する可能性があります。
信用リスク

じぶん銀行はお客さまの注文について、以下の会社とカバー取引を行っています。

<カバー取引先> カブドットコム証券株式会社

じぶん銀行FX(店頭外国為替証拠金取引)は当行とお客さまの相対取引のため、当行やカバー取引先の信用状況の悪化によって、お客さまが損害を被る可能性があります。

当行はお客さまから預託を受けた証拠金を顧客区分管理信託にて、以下の信託先において、当行の固有財産とは明確に区分して管理しています。

<信託先> 三菱UFJ信託銀行株式会社 日証金信託銀行株式会社

流動性リスク

当行の通常の取引時間帯であっても、流動性の低い通貨の取引では、マーケット状況によって取引レートの提示が困難になる場合があります。また、通常流動性の高い通貨の取引でも、主要国の祝日やニューヨーククローズ間際、週初のオープンなど、取引レート提示が困難になる場合もあります。

取引レートの提示が困難となった場合には、お客さまの意図する取引ができなくなる可能性があります。

システムリスク 当行またはお客さまの通信機器、通信回線、システム機器などに障害が発生した場合などには、取引の発注、執行が遅延または不可能になることがあり、不測の損失が発生する可能性があります。
税制、法律などの変更リスク 税制や法律などが将来変更され、実質的に不利益な影響を受ける可能性があります。

じぶん銀行FXのコスト

取引手数料 0円
スプレッド 取引レートの売値と買値には差(スプレッド)があります。
スワップポイント 金利が高い方の通貨の売建玉を保有している場合、スワップポイントを支払う必要があり、金利が高い方の通貨の買建玉を保有している場合、スワップポイントを受取ることができます。ただし、スワップポイントがマイナスで表示されている場合は、その限りではありません。

クーリングオフ

じぶん銀行FXはお客さまが注文執行後に当該注文に係る契約を解除すること(クーリングオフ)はできません。

預金保険制度

じぶん銀行FXは預金保険制度の対象外です。

信託保全

お客さまからお預かりする証拠金を保全するため、証拠金現金残高、未決済損益、スワップポイントから毎営業日必要金額を再計算し、その相当額以上を三菱UFJ信託銀行株式会社および日証金信託銀行株式会社に設定した信託口座に預託、当行の資産とお客さまの資産を完全に区分して管理しています。万が一当行が破綻しても、お客さまの資産は返還される仕組みとなっています。

信託保全の仕組み

通常時
[図] 当行の資産とお客さまの資産を完全に区分して管理
破綻時
[図]万が一当行が破綻しても、お客さまの資産は返還される

ご注意ください

  • 信託保全は、じぶん銀行FXの元本を保証するものではありません。取引においては、お客さまの予想に反して為替変動が発生した場合など、預入れた証拠金に対し、損失を被る場合があります。
  • 区分管理必要額の算定基準日と信託設定の日に時間差があることなどから、信託されるまでの間は信託口座の保全対象にはなりません。
  • 当行および信託先の三菱UFJ信託銀行・日証金信託銀行の業務または財産の状況が悪化した場合、証拠金その他のお客さまの資産の返還が困難になることで、損失が生じることがあります。
  • 当行のシステム障害、急激な市場の変動などにより、お客さまからお預かりしている証拠金が当行から適切に信託されなかった場合、当該資産が保全されない場合があります。
  • 万が一当行が破綻して、お客さまへ保全された証拠金を返還する場合に限り、お客さまの個人情報を受益者代理人および三菱UFJ信託銀行・日証金信託銀行に提供することがあります。
  • 三菱UFJ信託銀行・日証金信託銀行は当行から信託された資産の管理のみを行います。従って、三菱UFJ信託銀行が当行にかわってお客さまに対して資金などの支払い義務を負うものではありません。お客さまから三菱UFJ信託銀行に対して証拠金の返還などを直接請求することはできません。
  • 三菱UFJ信託銀行・日証金信託銀行による信託保全は、信託期間の満了や信託の解約により終了して他の信託銀行による信託保全に移行する場合があります。その際には、当行からお客さまに対してその旨を告知します。また、法令などの変更により、区分管理の方法を変更することがあります。

システム障害時の対応

じぶん銀行FXでは、安定的で利便性のあるシステム構築かつ取引環境の提供に努めておりますが、万が一システム障害の発生によりお客さまのお取引に支障をきたした場合は、以下のように対応いたします。

システム障害の定義

システム障害とは、当行が提供するシステムに明らかな不具合が発生していると当行が判断し、それによりお客さまがご注文いただけない状態、またはご注文の執行が遅延・不可能となった状態をいいます。なお、お客さまのスマートフォン・携帯電話・パソコン、通信回線などの不具合や取引所の障害などが原因である場合は、当行のシステム障害には含まれません。

システム障害のお知らせ方法

システム障害が確認された場合は、原則としてお取引画面の「じぶん銀行FXからのお知らせ」にて告知いたします。また、ログインに支障をきたすような障害の場合には、じぶん銀行ウェブサイトにて告知いたします。当行からお客さまへ電話やメール等によるシステム障害発生のご連絡をすることはありません。なお、システム障害を迅速に解決するため、第一報はシステム障害の事実のみとさせていただきます。詳しい障害内容などにつきましては、復旧後に改めて告知いたします。

システム障害時の受注について

誠に申し訳ございませんが、システム障害時の電話でのご注文は受付けておりません。

システム障害時のお問い合わせ

システム障害時の約定照会や残高などのお問い合わせについては、下記じぶん銀行FXデスクまでお願いいたします。なお、システム障害時にはお問い合わせが殺到するため、お電話がつながりにくくなる可能性があります。また、システム障害の状況によっては、お客さまに正確な約定結果や残高情報をお伝えすることができない場合がありますことをあらかじめご了承ください。

お問い合わせ

じぶん銀行FXデスク
0120-926-555(携帯電話、スマートフォンからもご利用いただけます。)
受付時間:平日 9:00~17:00

免責事項

システム障害の発生が原因で、お客さまのご注文を受付けることができずにご注文の機会を逸した場合や、お客さまがご注文を発注する機会を逸した場合などの損失(いわゆる機会損失)は、当行でお客さまが発注しようとした注文の詳細を特定することができないため、補てんを行うことはできません。
金融商品取引業者は、金融商品取引法等に定められている方法以外でお客さまの損失を補てんすることは認められておりません。したがって、示談またはそれに類似するようなお申し出には応じかねますので、あらかじめご了承ください。

じぶん銀行FXアプリ・じぶん銀行FX PCアプリ詳細

リアルタイムレート 8通貨11ペアの為替レートをリアルタイム表示。
注文機能 ストリーミング注文、成行注文、指値注文、逆指値注文、ストップリミット注文、IFD注文、IFO注文、OCO注文、トレール注文に対応。
チャート機能

ティックから月足まで9種類の足種を選択可能。また、移動平均やMACDなど、代表的なテクニカル分析ができる高機能チャートをご用意。チャート上での直接発注も可能です。

利用可能な指標

トレンド指標

  • 移動平均線
  • 指標平滑移動平均線
  • エンベロープ
  • ボリンジャーバンド
  • パラボリック
  • P&F
  • 一目均衡表

オシレーター指標

  • RSI
  • ストキャスティクス・Fast
  • ストキャスティクス・Slow
  • MACD
  • RCI

など、ご用意しています。

FXニュース FISCO社提供の「FXニュース」をご覧いただくことができます。
振替入出金機能

じぶん銀行の円普通預金口座との振替入出金が原則として24時間可能です。

  • ただし以下の時間帯は振替できません。
  • 毎週土曜日 6:40~12:10(サマータイム 5:40〜12:10)
  • 毎月第2土曜日 20:55~翌7:05
利用手数料

無料

  • ダウンロードやご利用にかかる通信料はお客さまのご負担となります。
利用時間

原則として、24時間可能。

ただし、メンテナンス時を除く。

ご利用いただけない時間帯

毎週火曜日~金曜日 6:50~7:10

(サマータイム 5:50~6:10)

毎週土曜日 6:50~12:00

(サマータイム 5:50~12:00)

毎月第2土曜日 21:00~翌7:00

商号等 株式会社じぶん銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第652号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

じぶん銀行FXは元本保証されたものではなく、投資金額を超える損失を被る可能性があります。お取引の前に必ずご確認ください。

  • じぶん銀行FXは元本保証されたものではなく、「外国為替」を売買する取引であることから、外国為替相場(売買対象通貨の価格)の変動などにより損失が生じる可能性があります。また、投資金額を超える損失を被る可能性があります。
  • じぶん銀行FXとは、一定額の「証拠金」を預けて、投資金額に比べて大きな金額の「外国為替」を売買できる取引です(外貨預金とは異なります)。取引維持のために必要な証拠金額は、建玉の建値の4%です(新規注文時に必要な証拠金額は、新規建玉の建値の5%)。
  • じぶん銀行FXにおいて、当行が提示する売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。流動性が著しく低下する時間帯や経済指標発表時など、相場状況によってはスプレッドが拡大する可能性があります。
  • スワップポイント(金利差調整額)をお受取りまたはお支払いいただきます。スワップポイントは、一定期間固定されたものではなく、取引対象通貨の金利情勢などに応じて変動し、受取りから支払いに転じることがあります。
  • 必ず重要事項をご確認いただき、十分にご理解のうえ、お取引ください。
商号等 株式会社じぶん銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第652号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
じぶん銀行FXにおける重要事項

株式会社じぶん銀行

はじめるなら、
安心と信頼の銀行FXで。

ログイン後、FXメニューからお取引いただけます。

  • お取引にはじぶん銀行の円普通預金口座が必要です