じぶん銀行からのごあいさつ

 皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 じぶん銀行は、モバイルに特化したネット銀行として、2008年6月にKDDI株式会社(以下「KDDI」)と株式会社三菱UFJ銀行(以下「三菱UFJ銀行」)が共同で設立した会社です。

開業当初から、通信・インターネットの活用により全ての産業が変革を迫られる「デジタルトランスフォーメーション」の時代を見据え、「手のひらにある銀行」をコンセプトとして、すべてのサービスがスマートフォンで完結できるようにし、お客さまにとって満足度No.1の金融機関となることを目指しております。

 2019年4月1日をもって、じぶん銀行は、KDDIグループの各種サービスとの連携を深めるとともに、KDDIグループの顧客基盤、デジタルマーケティングリソース、ビッグデータを活用し、モバイルの利便性と金融サービスを組み合わせた新しい金融体験を創造していくため、KDDIの100%子会社であるauフィナンシャルホールディングス株式会社(以下「auフィナンシャルホールディングス」)の連結子会社となりました。

 今後、じぶん銀行は、KDDIがこれまで培ってきた前述の顧客基盤やデジタルマーケティングリソース、ビッグデータを活用することで、スマホ・セントリックな金融・決済体験を総合的に提供し、auフィナンシャルホールディングスと共に次世代金融サービスの創造に取り組んでまいります。また、三菱UFJ銀行から、各種金融規制への対応や金融商品の開発など、金融ビジネスに関する知見と長年培った「安全・安心」への知見を取り入れ、先進的なデジタル技術や、国内外のFinTech企業の新しいアイデアやサービスを組み合わせ、従来の枠組みを超えたイノベーションを創出してまいります。

 スマートフォンの特性を最大限に活用し、「お客さまお一人おひとりの銀行」として、利便性と安全性を両立させた質の高い金融サービスを提供することで、お客さまにとって満足度No.1の金融機関となることを目指してまいります。

 今後とも、皆さまの変わらぬご支援とご協力をお願い申し上げます。

2019年4月

代表取締役会長兼社長
臼井 朋貴