預金口座の売買は犯罪です

他人になりすまして預金口座を作成したり、預金口座を売買・譲渡・貸与する行為は、法律やじぶん銀行の規約で禁止されています。
こうした犯罪行為が判明した場合、原則として、直ちに当局へ通報のうえ当該口座の強制凍結・解約の措置を取らせていただきます。

また、こうした犯罪行為を行った当人の口座開設の申込みは、将来にわたってお断りさせていただきます。

お客さまにおかれましては、犯罪行為その他トラブルに巻き込まれないためにも、預金口座の売買の勧誘には絶対に応じないように十分ご注意ください。

キャッシュカード・携帯電話の紛失・盗難
にお気をつけください

キャッシュカード、携帯電話の管理についてのお願い

キャッシュカード、ケータイバンキングでお使いの携帯電話、インターネットバンキングでお使いのスマートフォンは厳重に管理してください。
暗証番号やパスワードをメモに記録し、キャッシュカードと共に携帯するようなことは決してしないでください。

万が一、キャッシュカード、携帯電話、スマートフォンのいずれかひとつでも紛失したり盗難に遭ったときは、直ちにじぶん銀行お客さまセンターへお電話ください(24時間365日受付)。

キャッシュカードを紛失したり盗難に遭った場合

直ちにじぶん銀行お客さまセンターへお電話ください(24時間365日受付)。なお、キャッシュカードのご利用停止中は、キャッシュカード裏面の表を利用するお取引にも制限がかかります。

携帯電話・スマートフォンを紛失したり盗難に遭った場合

直ちに携帯電話会社に連絡して、利用停止のお手続きを行うとともに、じぶん銀行お客さまセンターへお電話ください(24時間365日受付)。

じぶん銀行お客さまセンター

金融犯罪の主な手口

主な金融犯罪とその手法を説明し、その対策をご紹介します。

よく聞く金融犯罪は決して無関係ではありません。どのような手口で口座が狙われているか理解し、対応策を理解しましょう。
また、もしも被害にあってしまった場合などには、じぶん銀行から緊急のご連絡をすることがあります。電話番号・Eメールアドレス・住所は常に最新の内容をご登録いただきますようお願いします。

振り込め詐欺にご注意ください

振り込め詐欺とは

「オレオレ詐欺」などの特殊詐欺の内の4つの型(成りすまし詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金詐欺)の総称です。

家族、警察官、弁護士などを装って身内の危機を告げる連絡をしてきたり、借金返済などもっともらしい話でだまし、現金の振込みを要求してきます。 利用していない請求や身に覚えのない請求をされた場合は、必ずご家族や警察に相談してください。

振り込め詐欺救済法について

振り込め詐欺救済法とは、振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座に残っている犯罪被害資金の返還手続などについて定めた法律です。

振り込め詐欺救済法施行に伴うお知らせ

平成20年6月21日に「犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律(振り込め詐欺救済法)」の施行に伴い、じぶん銀行では、振り込め詐欺などの犯罪被害に遭われ、じぶん銀行の口座に振込んでしまったお客さまからのご照会・ご相談を、じぶん銀行お客さまセンターにてお受けいたします。

万が一振り込め詐欺等の被害に遭われた場合は、直ちにじぶん銀行までご連絡いただくとともに、最寄りの警察署へお届けください。

じぶん銀行お客さまセンター

電話番号
  • 0120-926-111
    携帯電話、スマートフォンからもご利用いただけます。
  • 03-6311-8003
    通話料有料
受付時間
  • 平日 9:00~20:00
  • 土日祝 9:00~17:00
  • 年中無休
  • カード紛失・盗難などのご連絡は、24時間365日承っております。
対象となる犯罪
  • 振り込め詐欺(オレオレ詐欺、架空請求、融資保証金詐欺、還付金詐欺など)
  • インターネット・オークション詐欺
  • いわゆるヤミ金融などの「人の財産を害する犯罪行為において、預金口座への振込みが利用されたもの」

詳しくは、預金保険機構ホームページをご参照ください。

被害回復分配金決定表の閲覧をご希望の個人のお客さまへ

決定表をご覧いただけるのは、当該口座に関する被害回復分配金の支払申請を行われたご本人およびその代理人のみです。該当のお客さまが決定表の閲覧を希望される場合には、じぶん銀行お客さま相談室にご連絡ください。

じぶん銀行お客さま相談室
03-6316-2266
受付時間
平日9:00~17:00

一般社団法人全国銀行協会

全国銀行協会では、盗難通帳などによる預金の不正な払出しや預金口座への不正な振込請求などに関して、金融庁や警察庁とも連携しながら、各種対応策を検討しています。また、具体的な犯罪の手口と防止策を紹介されていますので、詳しくは全国銀行協会のウェブサイトでご確認ください。

金融犯罪の番犬「BANK-KEN」の金融犯罪にご用心!