為替のきほん

(3)「為替」はいつどこで取引される?

「為替」は、いったいいつどこでどのように決められていると思いますか?実は世界中のあらゆる場所で24時間取引が行われており、あなたが寝ている間にも、為替相場は刻々と変化しているのです。

[図]

世界中のあらゆる場所で24時間休むことなく動いている為替相場

「東京外国為替市場」は存在していない!?

「(1)そもそも『為替』ってなに?」でもお話ししましたが、外国為替の取引は「外国為替市場」で行われています。市場というと、株式の市場である東京証券取引所のような特定の場所や建物をイメージするかもしれませんが、為替市場にはそういった場所は存在しません。なぜなら、為替取引は取引所で集中的に売買が行われる「取引所取引」とは異なり、売り手と買い手が1対1で電話やその他の通信機器を通して価格や数量などの取引条件を決定し、決済(精算)までを行う「相対取引(店頭取引)」だからです。特に取引が集中する都市の名前を取って、イギリスであれば「ロンドン外国為替市場」、アメリカであれば「ニューヨーク外国為替市場」、日本であれば「東京外国為替市場」などと呼ばれているだけで、為替取引は世界各国のあらゆる場所で行われているのが実態です。

世界主要市場の1日当り外国為替取引高の推移

[図]
  • (注)データは各年4月の1日当り平均取引高

出所:国債決済銀行統計(2013.4)

24時間動き続ける市場

外国為替の取引には、銀行、証券会社、一般の企業、個人などが参加していますが、市場には、銀行間の取引が行われる「インターバンク市場」と、銀行と顧客(一般の企業や個人等)との取引が行われる「対顧客市場」の2つがあります。ニュースなどで「今日の外国為替市場は…」というような場合には、銀行間の為替取引を指すことが一般的です。

取引が活発に行われる時間帯は、各国とも9:00頃から17:00頃までですが、世界中の取引を1日単位でみると、時間の経過と共に取引の中心が次第に西に移っていきます。1日で最も早く動き出すのは、ニュージーランドのウェリントン市場で、日本時間の朝5:00頃から取引が始まります。次いで、シドニー、東京、シンガポール、ドバイ、フランクフルト、ロンドンの順に取引の中心が移っていきます。最後が日本時間の21:00頃から動き出すニューヨーク市場で、翌朝6:00頃まで取引が続きます。外国為替市場は、世界中に広がる24時間休むことのない市場なのです。

[図]
  • 上記時間は目安です。標準時間(冬時間)を元に作成しています。
筆者:神戸 孝(かんべ たかし)

早稲田大学法学部卒業。三菱銀行、日興證券を経て、99年FPアソシエイツ&コンサルティングを設立。日興證券勤務時代を併せるとFP歴は約25年、資産運用に強いFPの第一人者として評価が高い。日本FP協会理事、金融庁金融経済教育懇談会委員、同金融審議会専門委員などを歴任する。

じぶん銀行口座をお持ちでないお客さま

お取引にはじぶん銀行の円普通預金口座が必要です。

じぶん銀行口座をお持ちのお客さま

ログイン後、各種メニューからお取引いただけます