Work & Person

auフィナンシャルグループ(auFG)内
での協業を推進し
グループ全体の収益拡大に貢献する

Y.F
ビジネスマネジメント部
2020年中途入社

※所属部署は取材当時のものです。

ビジネスマネジメントの仕事

グループ連携によって
顧客基盤・収益の拡大を担う

KDDIグループが掲げるスマートフォンを主体とする新たな金融戦略「スマートマネー構想」。その中で、auじぶん銀行も商圏を広げるためグループ内での協業を推進し、連携強化を担っているのがビジネスマネジメント部です。私はauフィナンシャルグループのauカブコム証券との連携を強化し、銀行と証券、それぞれのお客さまの相互利用を進めることで、顧客基盤の強化を図っています。auじぶん銀行は「手軽さ」や「使いやすさ」を特徴にしていることもあり、証券に対して興味が薄いお客さまが比較的多い印象です。お客さまに証券の良さを知ってもらうにはどのように伝えることが最適なのかを常に考え、キャンペーンやウェブコンテンツなどの販促施策に取り組んでいます。

仕事風景

─あなたが大切にしていることは?

「できない理由ではなく、できる方法を考える」ということを大切にしています。入社してすぐに現在の業務に携わっていますが、はじめは企業間でうまく連携が取れず苦労しました。しかし、新しいサービスを提供し続ける当行で働く以上、成長は自分自身にも課さなければいけません。まずは互いの目線合わせから始め、同じゴールに向かって取り組むことで、現在、確かな成果を感じています。困難な課題にも自分を鼓舞し、打開していく力が何よりも大切だと思っています。

仕事風景

─じぶんの強みはなんだと思う?

お客さまの目線で当行のサービスを客観的に検証し、判断できることです。キャンペーンなどをお客さまに向けて発信する仕事をしている以上、お客さまの声を吸い上げ反映していくことは欠かせないミッションです。現在、auじぶん銀行経由で証券口座を開設したお客さま宛に、魅力に感じた点、使いづらい点などのアンケートを行っています。スマホの向こうにはお客さまがいることを常に忘れず、サービスをより良いものに昇華させていきたいと思っています。

仕事風景

─あなたにとってauじぶん銀行とは?

試行錯誤が許された、自由な場所です。前職では、課せられた目標数値を達成するために、やることも、やる順番すら決められた中で、上からの指示をただただこなす日々でした。auじぶん銀行に入社し、最も驚いたことは、ゴールに対して、どういったプロセスで達成するのか、個人の裁量に任されていることです。かといって個人プレーに偏っているわけではなく、周囲には専門知識を持つプロフェッショナルの上司、先輩がおり、多くのことを学び協働できる環境があります。自由だからこそ、身を置くことで最大限成長できる場所だと感じています。

─今後の目標は?

今、自分に最も足りないと感じている部分として、自らの手で新しい商品を生み出していける力です。入社前から、クリエイティブな業務も担える人材になりたいという思いが強くあり、ずっと目標にしています。将来的には、他の銀行が着手していないような、世の中を驚かせるような商品を開発していきたいです。

OFF STYLE

OFF STYLE

関西から上京する際、愛車を連れてきたのですが、駐車場代の高さにとても驚きました(笑) 都心に住み、車の必要性をまったく感じないからこそ、あえて週に1回、ドライブするようにしています。

next
Y.T
事務企画部
2016年新卒入社
INDEX
next
M.Y
マーケティング部
2016年新卒入社