auじぶん銀行日本PMI

ウェブセミナー

auじぶん銀行では、経済や為替の見通しをわかりやすく解説するウェブセミナーを毎月開催しています。ご自宅などで、インターネット接続環境のあるスマートフォン・パソコンよりお気軽にご参加いただけます。

今後のウェブセミナー開催予定

2023年11月のセミナーは終了いたしました。今後開催のセミナーは以下をご確認ください。

開催日時 講師

2023年12月21日(木)

山下周

  • セミナーの詳細は後日、当ホームページに掲載いたします。

ウェブセミナーの前に、経済指標を学んでみよう

エコノミストが教える!景気予測ガイド

2023年11月29日セミナー「円安が続くリスクは何か?」要旨

表

11月のauじぶん銀行日本複合PMI速報値は、経済拡大の節目とされる50に低下しました。日本の景気が停滞していることを示唆しています。また、欧米のPMI速報値では、ユーロ圏が上昇するも50以下である一方で、アメリカでは50を上回りました。ユーロ圏の10-12月期GDPはマイナスとなるリスクがあります。ただし、アメリカのミシガン大学消費者信頼感指数は低下しており、アメリカの景気が強いとは言い切れません。

ドル円は1ドル151円台まで円安に動く局面がありました。しかし、来年は、アメリカ景気が減速して、アメリカの中央銀行が利下げに動くと想定されるため、円高に転換すると予想しています。とはいえ、今年のドル円は、3年連続の円安で年末を迎えそうであり、円安は長期トレンドとの見方もあります。

そこで、円安が続くリスクを4つ想定しました。第一に、地政学リスクが高まり、資源価格などが上昇する場合です。有事のドル買い圧力に加えて、資源国でもある米ドルは強くなりやすいと考えます。第二に、アメリカ景気が堅調さを維持して、アメリカの金利が高止まるケースです。第三に、原油価格の急上昇などで、日本の貿易収支赤字が拡大して、実需の円売りが増加するパターンです。第四に、日本企業の海外直接投資が大幅に増加することや個人が海外資産への投資を増やすことです。4年連続の円安を想定していませんが、以上のような円安リスクには注意が必要でしょう。

(2023年11月29日)

アーカイブ動画はこちら別ウィンドウで開きます

講師プロフィール

プロフィール写真

auじぶん銀行 チーフエコノミスト
山下 周(やました まこと)

経歴

1995年に株式会社三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行後、約10年間にわたり日本のマクロ経済や日本国債の市場調査などに従事。その後、2005年から外資系証券会社に移り、2009年から2019年11月までドイツ証券株式会社の債券調査部チーフ金利ストラテジストとして金利・為替市場見通しを国内外の投資家に提供してきました。
東京大学経済学部卒、日本証券アナリスト協会検定会員。

執筆
テレビ出演

TOKYO MX2「東京マーケットワイド」

ラジオ出演

ラジオNIKKEI 「マーケットプレス」

視聴に関するお問い合わせ

セミナーは「直伝GoStream」の配信システムを使用いたします。お客さまの環境から視聴することが可能かどうか、必ず事前にご確認ください。

  • 視聴にあたり上手くいかない場合は、下記フォームより株式会社直伝までお問い合わせくださいますようお願いいたします。

注意事項

  • 当セミナーは、auじぶん銀行株式会社が主催しています。内容に関するお問い合わせは、auじぶん銀行へお願いいたします。
  • 当セミナーは、情報提供を目的としており、特定の商品の推奨や売買に関する断定的判断の提供を目的とするものではありません。
  • 当セミナーにおいて、外国為替証拠金取引(FX)を含むauじぶん銀行の取扱商品の勧誘を目的とした商品説明やご案内、auカブコム証券取扱商品の勧誘を目的とした商品説明やご案内、およびauじぶん銀行やauカブコム証券の口座開設のご案内等をさせていただくことがあります。
  • 本画面に掲載されている情報(以下、本情報)は、情報提供のみを目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はすべてお客さまご自身でご判断くださいますようお願いいたします。
  • 本情報は信頼できる情報源から得た情報に基づき作成されていますが、auじぶん銀行(以下、当行)はその情報の正確性・完全性を保証するものではありません。また、過去の結果が必ずしも将来の結果を暗示するものではありません。
  • 本情報は執筆者の見解に基づき作成されたものであり、当行の統一された見解ではありません。本情報を使用することにより生ずるいかなる種類の損失についても当行は責任を負いません。
  • なお、当資料の無断複製、複写、転送はご遠慮ください。当行の都合により、本情報の全部または一部を予告なしに変更することがありますので、予めご了承ください。また、本情報は著作物であり、著作権法により保護されております。当行の書面による許可なく複製又は第三者への配布をすることはできません。