auじぶん銀行日本PMI

auじぶん銀行日本PMIについて

auじぶん銀行は、情報調査会社S&Pグローバルと提携し、S&Pグローバルが算出する、景気実態を正確に映し出す先行指標として知られる「購買担当者指数™(PMI™)」のうち「日本PMI」を「auじぶん銀行日本PMI」として提供しています。

購買担当者景況指数™(PMI ™)とは?

PMI(Purchasing Managers' Index)は、企業の購買担当者へ聞き取り調査(新規受注や生産、雇用の状況など)を実施し、そこから得られた購買計画等の情報が指数化されたものです。また、PMIには、製造業、サービス業、両者を加重平均した複合PMIがあります。

Point

調査データとしての高い正確性と同時に他の景気指標に比べた速報性の高さから、各国中央銀行、金融市場、企業経営者の中で、経済動向を知る独自の月間指標として活用されています。

発表のスケジュール

auじぶん銀行日本PMIは、毎月下旬に速報値、翌月初旬に確定値をS&Pグローバルより発表しています。

表

PMIの確認方法

S&Pグローバルのウェブサイトにアクセスし、左側の「PMI最新リリース」一覧からPDFにてご覧いただけます。

auじぶん銀行日本PMIを確認する別ウィンドウで開きます
  • S&Pグローバルのウェブサイトへ遷移します。

PMIのメリット

auじぶん銀行日本PMI(以下、PMI)は、株価やドル円と動きが似ているため予測がしやすく、また、景気動向を素早く把握できるという特徴があります。

簡単に株価・為替を予測

PMIと日経平均株価やドル円が似た動きであることから予測がしやすいことを確認してみましょう。

一般的に、株価は景気を先読みして動くと言われますが、PMIも株価と同じ景気の先行指標といえます。同じ景気の先行指標なので、PMIと日経平均株価は同じ方向に動くと考えられます。

  • 2020年のコロナ禍後は、PMIの方向と連動性が薄れています。コロナ禍が終息すれば、同じ方向に動くと想定しています。
日経平均株価と日本複合PMIを比較
米ドル円と日本複合PMIを比較

景気動向を素早く把握

PMIは、景気が良くなっているか、悪くなっているかを、早く知ることができます。企業の現場の声を反映した数字のため、経済活動の変化を早くキャッチできると考えられます。

前月との経済活動を比較し、横ばいなら50、50を超えれば全体として経済活動が前月比で増加したことを示します。

PMIと実質GDPの推移

<2023年2月時点>

さらに詳しく知りたい方はこちら

経済指標について学んでみよう

エコノミストが教える!景気予測ガイド

セミナーを視聴して、株価や為替について学ぼう

アーカイブ動画はこちら別ウィンドウで開きます

注意事項

  • 本画面に掲載されている情報(以下、本情報)は、情報提供のみを目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はすべてお客さまご自身でご判断くださいますようお願いいたします。
  • 本情報は信頼できる情報源から得た情報に基づき作成されていますが、auじぶん銀行(以下、当行)はその情報の正確性・完全性を保証するものではありません。また、過去の結果が必ずしも将来の結果を暗示するものではありません。
  • 本情報は執筆者の見解に基づき作成されたものであり、当行の統一された見解ではありません。本情報を使用することにより生ずるいかなる種類の損失についても当行は責任を負いません。
  • なお、当資料の無断複製、複写、転送はご遠慮ください。当行の都合により、本情報の全部または一部を予告なしに変更することがありますので、予めご了承ください。また、本情報は著作物であり、著作権法により保護されております。当行の書面による許可なく複製又は第三者への配布をすることはできません。

S&Pグローバル・インクについて

S&Pグローバル・インク(ニューヨーク証券取引所:銘柄コードSPGI)は、必要不可欠なインテリジェンスを提供します。適切なデータ、専門知識、コネクテッドテクノロジーの提供により、政府機関、企業、個人が確信を持って意思決定を行うことを可能にします。新規投資案件の評価から、サプライチェーンにおけるESGやエネルギー・トランジションまで、世界中において新たな機会を発掘し、課題を解決し、成長を加速させます。

世界の資本市場、コモデティ市場、自動車市場において、信用格付け、ベンチマーク、分析、ワークフローソリューションを提供し、グローバルのお客さまの成長発展を支援します。
詳細についてはウェブサイトをご覧ください: www.spglobal.com