トップメッセージ

auじぶん銀行株式会社 代表取締役社長 臼井 朋貴

わたくしどもauじぶん銀行は、ご利用いただくすべてのお客さまに快適な金融サービスをお届けすることに加え、社会貢献も重要な使命だと認識しております。

国連において採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」達成に向け、社を上げて取組むべく、2020年4月より「SDGs推進室」を立上げました。

地球上の誰一人として取り残さない未来の実現に向け、真摯に取り組み、「社会の持続的成長に貢献できる会社」に成長して参ります。

auじぶん銀行株式会社 代表取締役社長
臼井 朋貴

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
auじぶん銀行のSDGsへの思い

青少年の育成

図

auじぶん銀行は、SDGsの一環として、青少年育成支援に積極的に取り組みます。

子どもたちの未来のために、今私たちができることを

すべての子どもたち・若者たちは、かけがえのない「今」を生きる存在であり、さらには地球の未来を担う存在です。
auじぶん銀行は、そのような未来の「主役」となる青少年たちが無限の可能性を発揮し、社会で活躍できるよう様々な取り組みを通じて、青少年の育成を積極的に支援することで、社会の持続的成長に貢献していきます。

「SDGs未来会議」

次の時代を担う子どもから、いますぐに持続可能な社会づくりに取り組まなければならない大人まで、SDGsを学び、取り組むきっかけをつくる参加型、体験型のプロジェクトです。
2019年6月に開催したイベント(大阪会場)では3日間で約2万5,000人が参加しました。2020年開催も決定しています。

図

「JFAこころのプロジェクト」

子どもの心身の健全な成長に寄与することを目的に取り組んでいる活動で、様々なトップアスリート(現役OB/OG問わず)が「夢先生」 として小学校の教壇に立ち、「フェアプレー精神」や「夢を持つことの素晴らしさ」、「それに向かって努力することの大切さ」、「失敗や挫折に負けない心の強さ」を子どもたちに伝える活動です。

図

「SAVE THE HOPE」

埼玉西武ライオンズが、L-FRIENDS活動「こども支援」の基本理念である【青少年の健全育成】の一環として、子ども虐待防止・オレンジリボン運動に賛同し、野球を通して子どもたちを救いたいという思いから立ち上げたプロジェクトです。

図

その他の取り組み

当行の取組み 17の目標
  • 働き方改革の推進
  • 女性比率向上に向けた取り組み実施
  • 障がい者雇用の促進
  • auじぶん銀行アライアンス
  • ペーパーレス化