Work & Person

持ち前の好奇心とやる気で、
アイデアマンとして活躍

M.M
イノベーション企画開発部
兼 国際金融情報室
2016年中途入社

※所属部署は取材当時のものです。

サービス企画開発の仕事

自身の体験を活かして
より便利なサービスへと進化させる

auじぶん銀行のメインチャネルである「auじぶん銀行スマートフォンアプリ」の企画開発を行っています。アクセス解析ツールを用いて他行も含めた金融系アプリの利用状況やレビューを調査し、新たに搭載する機能やコンテンツを企画します。私は他行の金融アプリを利用する際に感じた不便さを「どうにかしたい!」と思い、auじぶん銀行に入社しました。実際に仕事に携わり、新たなサービスをリリースすることで、ユーザーの「困った」を解決できることに、とてもやりがいを感じています。単にアイディアを出して終わりではなく、開発時にはシステム担当と、企画を詰める際にはコンプライアンス部門、リリース時には広報や制作担当の方など、さまざまな方と連携してサービスを世の中に送り出します。今後もブラッシュアップを重ねながら、より多くのユーザーに使ってもらえるサービスを目指します。

仕事風景

─あなたが大切にしていることは?

モットーは「とりあえずやってみる」。基本的に新しいことにチャレンジするのが好きなので、気になったら考えるより前にまずは手をつけてみますね。考えてから動いたほうが効率的なこともあるかもしれませんが、やってみないとわからないこともあると思うので、好奇心を大切に、まずはチャレンジするようにしています。直近では、自身が手がけたAI外貨予測とAI外貨自動積立で、海外アワードへのエントリーに挑戦しました。英語が得意ではないため不安でしたが、新しい世界を見られるかもしれないと思い、たくさんの方々に助けていただき、エントリーしました。その結果、実際に複数の賞を受賞できました。「とりあえずやってみる」は大事だなと改めて実感しましたね。

仕事風景

─じぶんの強みはなんだと思う?

「制限がある中でいかに良いものをつくるか」を追求することが好きだし、得意ですかね。完全に自由な中で何かを考えたり、つくりあげたりするよりも、多少制限があるほうがアイデアが浮かびます。今考えると、幼い頃、レゴやぬり絵で遊ぶことが好きで、限られた枠の中でいかにかっこよく、今までにないものをつくりあげるかに夢中になっていました。アプリも「スマホの画面」という限られた枠の中でいかに操作性やデザイン性を良くしていくかが重要なので、幼い頃の“好き”が今につながっていると思いますね。

仕事風景

─あなたにとってauじぶん銀行とは?

好奇心を満たしてくれる場所です。auじぶん銀行はKDDIと三菱UFJ銀行の2社が共同出資して設立された会社なので、経営基盤がしっかりしていて、前職のベンチャーとは違いチャレンジできる幅がとても広いです。また、最新デバイスに触れる機会や優秀なスタートアップ企業と協業する機会が多く、新しいことにチャレンジしたい私にはマッチしている環境です。FinTechやAI関連の仕事がしたくて入社し、すぐにAI外貨予測等のサービス企画を手がけることができました。今後も好奇心を活かしていきたいですね。

─今後の目標は?

アイデアマンとして活躍したいです。学生時代はリーダータイプで、部活や学生団体のリーダー、ゼミ長として先頭に立ってみんなを率いることが多かったのですが、社会人になってなんとなく思うのは、自分はスペシャリストタイプだなということ。ゼネラリスト的な管理職になるよりも、FinTechのスペシャリストとして新しいアイデアを次々に実現し、イノベーションを推進していくほうが性に合っていると感じています。auじぶん銀行でこれからもアイデアマンとして活躍し、もっともっと便利な世の中をつくっていきたいです。

OFF STYLE

OFF STYLE

いろんな作品に触れることが好きで、コロナ前は展示会やイベントに行ったり、映画や歌舞伎を鑑賞したりしていました。写真はデジタルアート展です。つい、「auじぶん銀行で何か活かせるかな」という見方をしてしまいます。

next
N.Y
アライアンス推進部
2016年新卒入社
INDEX
next
A.N
イノベーション企画開発部
2016年新卒入社