Key Talk

2019年新入社員が語る
「じぶんの未来」

auじぶん銀行に入社した先輩たちは、どんな「じぶんの未来」を見つめ、日々の仕事に取り組んでいるのでしょうか。
auじぶん銀行を選んだ理由、学生時代に抱いていたイメージとの違い、任されている仕事のやりがいなど、若手の今だからこそ語れる率直な想いと未来への期待を、この場で語り合ってもらいました。

※所属部署は取材当時のものです。

私たちがauじぶん銀行を選んだ理由

就活当時は、銀行と言えばメガバンクのイメージが強かったですが、そこにITを掛け合わせているauじぶん銀行の存在を知り、好奇心を刺激されました。また、組織が大きすぎると全体が見えにくくなりますが、組織全体を見渡せそうな適度な規模感も魅力でした。

私はもともと金融業界に興味はありませんでしたが、フィンテック先進国であるエストニアへの留学を機に、日本のキャッシュレス化の遅れを体感し、金融インフラの分野に一石を投じるようなことがしたいと考えるようになったのがキッカケです。

私は昔から銀行に興味があったのですが、大学3年の頃にベンチャー企業について色々と調べる中で、Webマーケティング分野が面白いと感じるようになりました。そんなときにauじぶん銀行を知り、銀行とWebマーケティングの両方の魅力を兼ね揃えている点に惹かれました。

共通しているのは、「何か新しいことができそうだ」という期待感だね。

オープンイノベーションが活発な時代に、新しい技術やまったく異なる分野と融合することで、新しいサービスや商品が生まれていく。その可能性の広さは魅力に感じるよね。

対談風景

実際に働き始めた今、感じること

正直、社会人1年目は上司からの指示を指示通りにこなすものだと思っていました。しかし、auじぶん銀行では年次に関係なく、入社直後から裁量を与えられ、自分主導で仕事を進めることに驚きました。

私は保険会社や代理店など社外の方と関わる機会が多くあり、想像以上に多くの方と連携しながら仕事を進めることに驚きました。同期や周りの先輩方を見ていても一人ひとりの裁量はとても大きいと感じます。ワクワクと同時にドキドキしますね(笑)

私も同感です。私は「VOC(お客さまの声)」を取りまとめる仕事を担当しているのですが、入社半年の私が考えた文章が、多くのお客さまが目にするページに掲載されたことがあります。ひとつの仕事が影響力をもってカタチに残ると、やりがいを感じます。

私はHPに掲載するバナーの運用に携わっていますが、効果測定などから配置や内容を検討し施策を打つと、数値としてダイレクトに効果が現れます。自分の取り組みに対して、レスポンスが得られるというのは本当に面白いです。

対談風景

これからどんなことに
取り組んでみたいか

まずは、現在携わっている住宅ローンの商品拡充やサービス向上に取り組み、早く「このサービスを立ち上げたのは自分だ!」と胸を張って言えるものをカタチにしたいです。また個人的に、必要書類のデジタル化やお客さま目線でUI改善に取り組み、さらなるユーザービリティの向上を推進していきたいとも考えています。

私はVOCに対する社内の熱量をもっと高め、今以上にお客さまの声に敏感にサービスや商品が開発される環境をつくり上げていきたいです。例えば、システムを導入してデータを整備することで、より社員が情報を吸収しやすい形式でVOCを共有するなど、やれることはたくさんあると感じています。

現在は既存ユーザーに絞ったマーケティングに携わっているので、いずれは新規ユーザーに向けたアプローチができる業務にも携わりたいです。そうすることで、auじぶん銀行のマーケティング全体を俯瞰し把握できる人材になれるのではと考えています。

みんな、やりたいことがはっきりしてるね。

私はずっとマーケティングに興味があって、実際に今仕事として携われている。そして自分の担当外の業務であっても、声を上げれば携われるチャンスが巡ってくるというのは、大企業ではあまりない、少数精鋭の当行ならではの環境だと思うな。

対談風景

これからのじぶんへの期待

私は幅広い領域に精通したゼネラリストを目指しています。複数の仕事を進める中で、新たな発見が生まれ、多角的な視点で臨めるのかなと。積極的に手を挙げれば機会は与えられる環境を活かしながら、さまざまな仕事や領域を経験していきたいと思っています。

私は先頭に立って導くよりも、さまざまな人の知見を知り理解することで、リレーションを生み出す調整役タイプだと思っています。会社全体を俯瞰し、さまざまな人の知識や経験を取り入れることは、お客さまの声を聞き、何が求められているのかを考えることに、きっと役立つだろうと考えています。

少数精鋭の組織だからこそ、携わる業務も幅広く、ゼネラリスト志向の人が多いのかもしれませんね。私も担当する業務が多岐にわたる分、日々知見が広がることに面白さを感じています。貪欲に知識や経験を吸収しながら、好奇心を持ち続けていきたいと思っています。

対談風景

Key Talk

未来の可能性を語り合う

  • 2020年新入社員が語る
    「じぶんの未来」

  • 社員が語る
    「スキルと可能性が導く未来」