FXの体験談を聞いてみました!

他の人がどんなFX取引をしているか気になりますよね?そんなFXを利用する方のお取引に関する声や体験談を聞いてみました!その中でも気になるポイントをピックアップして解説します。

新規注文は成行やストリーミングで入ることが多く、決済注文はOCOを入れておきます。
OCOの指値(利益確定)と逆指値(損切り)の値幅は毎回固定で入れるようにして、「あとちょっと…」という気持ちを我慢して、自分のルールを守るようにしています。

主に通勤中の電車の中で取引しています。
仕事中は為替レート見ることができないので、指値(利益確定)と逆指値(損切り)は入れておいて、お昼休みに結果を見ます。
帰りの電車ではニュースや経済指標の結果をチェックすることが多いかな。
PCに貼り付ける時間がないから、移動中や休憩時間が主な取引タイミングです。

5,000通貨~10,000通貨くらいで取引することが多いです。
利益確定と損切りのラインは大体決めていて、新規注文が約定したら決済注文を入れてしまうことが多いです。
レバレッジは10倍以下で、証拠金維持率は200%下回らないようにしています。
一回大きな失敗しているので慎重派です。

電車の中や自宅に帰ってから取引をすることが多く、コツコツ利益を積み上げていましたが、旅行中に為替レートが急変してしまい、気付いたらロスカットが執行されて損をしてしまいました。
逆指値を入れ忘れていたので、すごく反省しています。

みなさんいろいろな取引スタイルや体験がありますね。

  • 2015年5月1日auじぶん銀行内調べ

取引の体験談からピックアップ!今回ご紹介するのは「損切り」

FX取引の体験談を見ると、損切りという言葉を何度も見かけます。
そもそも損切りって?今回は損切りについて解説します。

損切りとは?

損切りとは、損を覚悟で、損失を確定することをいいます。
利益をあげて取引を終えることはもちろん大事ですが、毎日必ず損益がプラスになるわけではありません。

損益がマイナスになってしまった日があっても、「できるだけ損失を小さく」して、トータルで損益をプラスにすることが大事です。

逆指値注文を利用して損切りをしよう!

寝ている間や仕事中に為替が急変して損失が拡大していたことや、「損失が出ていても、しばらく待てば戻るだろう」と気付いたら大きな損失になってしまった経験はありませんか?
大きな損失にならない為に、「逆指値注文」を利用しましょう!

逆指値注文とは?

現在の為替レートよりも不利な為替レートになったら約定するように指定する注文方法です。
予想に反して為替レートが動いた場合を想定して、損失の拡大を防ぐため、または一定の利益を確保するために逆指値注文を利用します。
例えば円安傾向と考えて「買い」の建玉を保有した場合に、予想に反して円高に動いてしまったときに備えて逆指値の売り注文を入れておけば、大きく円高に動いてしまった場合でも損失を一定額に抑えることができます。

  • 逆指値注文はスリッページ(お客さまの指定した為替レートよりも不利、または有利な為替レートでの約定)が生じる可能性があります。
はじめてのFX注文編 指値注文・逆指値注文

実際に2015年4月のチャートを例に見てみましょう!

例えばこんな相場の時に、「こまめに損切りする派のAさん」と「損切りしないで耐える派のBさん」の場合は…

円安トレンドとみて、米ドル円10,000通貨の買い建玉を保有
【予想に反して円高に!!】Aさん「戻るかもしれないけど、もっと円高にいくかも…損失は5,000円以内で抑えたいので119円50銭で逆指値注文しよう」/Bさん「もう少し待てば戻るかもしれない」

その後、AさんとBさんはどうなったでしょうか?

【さらに円高に!】Aさん「逆指値がささり損失は5,000円に抑えられた!もっと円高にいくかもしれないから、次は売りから入ろうかなぁ。」/Bさん「損失が1万円以上に…!でももう少ししたら戻るかも。」

上記はあくまで一例なので、損切りをしなくても為替レートが円安に戻って、損益がプラスになるケースもあります。

しかし、「あらかじめ自分の損失の許容額を決めて損切りをしたAさん」と、「なかなか損切りできずに結果的に損失が膨らんでしまったBさん」とでは、証拠金余力の面でも、気持ちの面でも、その後の取引に積極的に繋げることができるのは「Aさん」のはずです。

「もう少ししたら戻るかもしれない…」ではなく、逆指値注文を上手に利用して、ご自身でリスク管理をし、トータルでプラスになる取引に繋げていきましょう!

他にもこんな便利な注文方法が!

損切りの逆指値注文と利益確定の指値注文を同時にしたい場合は「OCO注文」、新規注文と決済注文の両方を同時に出したい場合は「IFD注文」、さらに、新規注文と決済注文で逆指値注文と指値注文の両方を同時に出したい場合は「IFO注文」という便利な方法があります。

FX取引はこちらから

本画面に掲載されている情報(以下、本情報)は、情報提供のみを目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はすべてお客さまご自身でご判断くださいますようお願いいたします。

本情報は信頼できる情報源から得た情報に基づき作成されていますが、auじぶん銀行(以下、当行)はその情報の正確性・完全性を保証するものではありません。また、過去の結果が必ずしも将来の結果を暗示するものではありません。

本情報は執筆者の見解に基づき作成されたものであり、当行の統一された見解ではありません。本情報を使用することにより生ずるいかなる種類の損失についても当行は責任を負いません。

なお、当資料の無断複製、複写、転送はご遠慮ください。当行の都合により、本情報の全部または一部を予告なしに変更することがありますので、予めご了承ください。また、本情報は著作物であり、著作権法により保護されております。当行の書面による許可なく複製又は第三者への配布をすることはできません。

アプリのダウンロード

スマートフォンからダウンロードいただけます。

App Storeからダウンロード

Download on the App Store

Google playストアからダウンロード

Google Playで手に入れよう
  • 「iPhone」「App Store」「iTunes」は、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。
  • 「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
外貨預金と何が違うの?はじめてのFX

外貨預金と何が違うの?はじめてのFX

FXは外貨預金と同じように外貨を売買するお取引です。「FXってよく分からない」そんなあなたに外貨預金と比較しながら、FXの仕組みをやさしく紹介します。

はじめてのFX はじめてのFX 注文編
おしえて!みんなが知りたいじぶん銀行FX

おしえて!みんなが知りたいじぶん銀行FX

「どんな人がやってる?」「人気の通貨ペアは?」「どんな取引方法でみんなやってるの?」など、FXの気になる疑問を徹底調査!

おしえて!じぶん銀行FX

じぶん銀行FXは元本保証されたものではなく、投資金額を超える損失を被る可能性があります。お取引の前に必ずご確認ください。

  • じぶん銀行FXは元本保証されたものではなく、「外国為替」を売買する取引であることから、外国為替相場(売買対象通貨の価格)の変動などにより損失が生じる可能性があります。また、投資金額を超える損失を被る可能性があります。
  • じぶん銀行FXとは、一定額の「証拠金」を預けて、投資金額に比べて大きな金額の「外国為替」を売買できる取引です(外貨預金とは異なります)。取引維持のために必要な証拠金額は、建玉の建値の4%です(新規注文時に必要な証拠金額は、新規建玉の建値の5%)。
  • じぶん銀行FXにおいて、当行が提示する売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。流動性が著しく低下する時間帯や経済指標発表時など、相場状況によってはスプレッドが拡大する可能性があります。
  • スワップポイント(金利差調整額)をお受取りまたはお支払いいただきます。スワップポイントは、一定期間固定されたものではなく、取引対象通貨の金利情勢などに応じて変動し、受取りから支払いに転じることがあります。
  • 必ず重要事項をご確認いただき、十分にご理解のうえ、お取引ください。
商号等 auじぶん銀行株式会社
登録金融機関 関東財務局長(登金)第652号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
じぶん銀行FXにおける重要事項

auじぶん銀行株式会社

お問い合わせ

auじぶん銀行 FXデスク
0120-926-555

[携帯電話、スマートフォンからもご利用いただけます]
受付時間 平日9:00~17:00(土・日・祝休日、および12/31~1/3を除く)

  • 投資のご相談は受付しておりません。