auじぶん銀行

お申込みはこちら

最大11,000 Pontaポイントもらえる!

お子さまの教育・受験にかかる予測できない出費に

auじぶん銀行カードローン au限定割 au IDをお持ちの方なら最大年0.5%優遇!

※本商品のご利用にあたっては、月々のご返済を考えた計画的なご利用をおすすめします。※ご契約極度額により適用金利が異なります。※お客さまのお借入れ状況によっては返済額、金利が軽減されない可能性があります。

お申込みはこちら!

auじぶん銀行口座を お持ちのお客さま

※インターネットバンキングへログイン後、申込画面へ移動します。

auじぶん銀行口座 をお持ちでないお客さま

※お客さま番号やログインパスワードがご不明なお客さまのお申込みはこちら

受験経験者の生の声を大公開!!

知っていますか?事前準備を上回る学校教育費+受験費の実態

平成28年度子供の学習費調査による公立高校の教育費

※「平成28年度子供の学費調査」(文部科学省)を加工して作成

塾・予備校費用(高校3年時)約78万円

ブラックボックスなケースが多い予備校の費用。最近は初年度無料や半額というケースから最終年で費用が急騰することも。

受験費用 約41万円

受験料や受験のための交通・宿泊費はもちろん、入学しなかった大学への入学金等も家計を圧迫!
※出典:株式会社日本政策金融公庫

入学納付金 約82万円

国立大学での入学金と初年度授業料の納付額。私立理系では150万~500万円以上になるケースも。
※出典:文部科学省「平成28年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金」

新生活準備 約50万円

敷金礼金、家財道具、引越し費用など、家や家財などのランクを上げれば費用は倍もあり得ます。

※ページ内で出典が明記されていない金額等については
イー・カンパニー調べ

auじぶん銀行
					カードローンなら突発的な教育出費にも迅速に対応。

お申込みはこちら!

auじぶん銀行口座を お持ちのお客さま

※インターネットバンキングへログイン後、申込画面へ移動します。

auじぶん銀行口座 をお持ちでないお客さま

※お客さま番号やログインパスワードがご不明なお客さまのお申込みはこちら

データだけでは見えてこない 教育資金の実態を経験者の生の声から探る

塾から聞かされた一般的な受験校数が多くてびっくり Aさん

予備校費用はもちろん、受験費用だけでも40万円ほどに Bさん

科目別に複数の予備校に通ったら、200万円の支出 Cさん

想定外の浪人で、150万円が追加でかかりました Dさん

国立に合格したはずが、引っ越し等で結局私立と変わらない出費 Eさん

大学受験を振り返り、塾・予備校費用はどの程度かかりましたか?
また想定外だったり、驚いたことはありましたか?

Bさん

高校3年の4月から本人の希望で予備校(現役生講座)に行きました。当初は科目数3つと少ないほうでしたがそれでも60万円ほどを一括で支払いました。その後、夏期講習・冬期講習は一括で支払った講座費用とは別途でかかり、小論文の単発講座、志望大学別の対策講座など個別の講座が多くなっていき、その費用もすべて別途で、トータルではかなりの費用になりました。

Cさん

我が家は高校2年から通い始めたのですが、高校受験までの感覚でいたら大違いでしたね。大学受験からは1教科複数科目になるので、まず何を受講するのかを決めなければならず、志望校・志望学部によってそれぞれ講座が変わってきます。塾代が結局毎月いくらになるか読めず、収入はほぼ一定の中、やりくりが大変でした。科目によって塾を変えるなんていうのも周りの家庭では普通のことでしたので、A塾に加えて、数学と英語をB塾、世界史はC塾という形でした。2年間の塾代だけで200万近くはかかりました。でも、塾に通わないのはやはり不安で…。

Dさん

私立は合格できたのですが、第一志望の国立に受からず1年間の浪人となりました。当初、家族でも浪人はしないという話をしていたのですが、第一志望の結果を見に行った息子から「もう一年受験をさせて欲しい」という電話をもらい、その声を聞いたら断ることもできず。結局浪人をすることに決め、予備校に1年間行くことになり予備校代として150万円ほどかかりました。

受験の費用についてはどの程度かかりましたか?

Aさん

塾の先生や学校から7~8校程度は受験するのが一般的と言われていました。幸いにも我が家は12月にはもうスカラシップ入試で合格が出ていたので、受験費用は数万円程度に抑えられました。

Bさん

そうなんですね。我が家も通っていた塾から、10校くらいは受験するのが一般的だと言われました。1回の受験費用が3.5万円で10校受験すると考えるとそれだけで35万円になってしまうので、本人と塾に相談しながら受験校数を減らすことになりました。

Eさん

受験費用よりも東京から関西の大学に行くことになったので、合格後の諸費用が大きかったです。敷金・礼金に引越し費用で数十万円の出費になりました。進学先は国立でしたが、1年目の支出合計は私立に行くのと変わらないくらいの費用です。地方大学でしたので家賃は約5万円ほどと都心ほど高くはなく良かったのですが、地方から都心に上京する家庭であれば、より支出は厳しいと思います。

Dさん

浪人を経ての受験だったので、第一志望の国立の結果が出る前に、私立の入学金として数十万は納めることになりました。その際には祖父母のサポートなどもありました。

Eさん

いかに2重払いせずに済ませるか、出願、受験、支払いの日程とにらめっこしながら、塾や本人と相談してスケジュールを調整しましたね。

想定内も想定外も含めて受験に関する費用は決して安くはありません。
それでも払おうと思われたのはどうしてですか?

Bさん

やっぱりお金のことで子供に我慢をさせることはできない、という気持ちが夫婦ともに強かったです。私達夫婦が経験した頃の受験と今はまったく違うので、必要と言われたお金に関しては、もう言われるがままに用意しました。

Dさん

お金のことを直接息子には言ってはいませんでしたが、本人は強く感じていたようです。

Eさん

大学受験に関しては「親が口出ししてはいけない」と学校の先生に言われました。大人の入り口、自立の一歩なんだと思って、お金を工面することでサポートに回ったイメージです。

Dさん

そうですね。中学受験とは全然違って、本人の人生の経験がどんどん溜まっていくというのは感じました。そういったところも見ているからこそ、当初の予定にない費用でもなんとか用意しようという風に思いました。

現在の日本の教育やお子さんの今後に関してどのように感じて
いらっしゃいますか?

Cさん

大学に入って教育費は落ち着いたと思いたいのですが、留学や大学院という話も出てきたりするので、家計も将来も予定がとても立てにくい状況になってしまっているなと感じます。

Dさん

子供が3人もいると、サラリーマンの平均所得と教育費のバランスがおかしいのではないかな? と思ってしまいます。大学生の上の子は私の経験の延長線上でまだ考えられたのですが、下の小学生の子の今後の受験や進路については、もうわからない部分が多くなってしまっています。

Eさん

お金をかけた以上は、子供にとってより良い道に進んでくれるのがなによりですし、そういった道が見つかるようにこれからもサポートできればと思います。

FPにいただくご相談の中でも、教育や受験にかかる費用については皆さんとてもよく考え、そしてよくお悩みになります。プランの立て方や、プラン外の出来事への対処方法はご家庭ごとに異なります。だからこそ、一つでも多くの選択肢があることで、その時々に柔軟で最適な対応ができるようになるんです。

お子さまの頑張りを100%サポートできるご準備を。カンタンお申込で、家計に柔軟性を持たせるauじぶん銀行カードローン

お申込みはこちら!

auじぶん銀行口座を お持ちのお客さま

※インターネットバンキングへログイン後、申込画面へ移動します。

auじぶん銀行口座 をお持ちでないお客さま

※お客さま番号やログインパスワードがご不明なお客さまのお申込みはこちら

「審査が通るか分からない」と思ったら… まずは カンタン診断 でチェックしてみよう!

お借入診断

お借入診断は簡易的に診断を行うものであり、ご融資をお約束するものではございません。正式なお借入れの可否や金額は、お申込み後に審査させていただきます。

年齢
必須
  • 満20歳~満70歳未満のお客さまが対象となります。

年収
必須
万円
  • 年収は手取りではなく総支給額(税込)をご入力ください。

現在の
お借入額
必須
万円
  • お借入れがないお客さまは「 0 」をご入力ください。
    ご入力いただく「現在のお借入額」は、以下お借入額を除いてください。
    • クレジットカードでのショッピング
    • 住宅ローン、自動車ローン

お借入れ診断結果


以下よりお進みください。

auじぶん銀行口座を お持ちのお客さま

※インターネットバンキングへログイン後、
申込画面へ移動します。

※お客さま番号やログインパスワードが
ご不明なお客さまのお申込みはこちら

  • 診断結果はお客さまにご入力いただいた内容に基づき行っており、結果をお約束するものではございません。
  • お申込み後、当社所定の審査を行い正式な回答をさせていただきます。審査の結果、ご希望にそえない場合もございますのであらかじめご了承ください。

お借入れ診断結果


以下よりお進みください。

auじぶん銀行口座を お持ちのお客さま

※インターネットバンキングへログイン後、
申込画面へ移動します。

※お客さま番号やログインパスワードが
ご不明なお客さまのお申込みはこちら

  • 診断結果はお客さまにご入力いただいた内容に基づき行っており、結果をお約束するものではございません。
  • お申込み後、当社所定の審査を行い正式な回答をさせていただきます。審査の結果、ご希望にそえない場合もございますのであらかじめご了承ください。

auじぶん銀行カードローン なら、

来店不要・口座なしでお申込み可能!ご契約までWEB完結

カンタtン 4ステップ

STEP1お申込み STEP2審査結果 STEP3ご契約 STEP4お借入れ

  • ※審査には本人確認書類のご提出が必要となります。ご提出はこちらから(お申込み完了後のお客さま)
  • ※本商品のご利用にあたっては、月々のご返済を考えた計画的なご利用をおすすめします。
  • ※ご契約極度額により適用金利が異なります。

一度契約すると、申込書や書類不要で24時間365日何度でもお借入れ可能※1しかも資金使途自由※2

  • ※1 auじぶん銀行では、カードローンの不正使用を防ぐため、1日あたりのATM借入上限額を設定しています。ご契約時、お客さまのご希望の金額をご設定いただけます。 ATM借入上限額のご変更は、ローンセンターへお電話のうえ、お手続きください。
  • ※2 事業性資金は除く。

3つの0円であなたの家計をサポート ATM手数料0円!※

家計に余計な出費はなし!当行提携ATMでのお借入れ・ご返済はATM手数料 0円

当行提携ATM

当行提携ATM

※当行提携ATMでのお借入れ、ご返済の場合。

自由に選べる返済方法 一括返済もOK!

家計の状況にあわせた柔軟な返済スタイル 一括返済で利息を最小限に抑える!

急な出費への対応でも、しっかり返済計画を立てて家計の負担を軽減。一括返済を上手に行えば、利息も抑えられます。

さらに

家計の状況にあわせてご返済 じぶんの都合にあわせて毎月のご返済が可能  毎月の返済額は最少1,000円~

借入残高10万円の場合の返済額

※2014年9月16日以降にご契約されたお客さまの適用返済額です。それ以前にご契約のお客さまの適用返済額は本返済額と異なる場合があります。

指定日返済も可能で家計とのミスマッチを防ぐ!

「35日ごと返済」の他、返済日を自由にご指定可能な「期日指定返済」もお選びいただけます。

35日ごと返済の場合

前回ご返済日の翌日から数えて、35日目が期限となり、期限以内にいつでもご返済いただけます。ご返済をいただくと、その翌日からまた35日後が次回のご返済期限となります。

35日ごと返済のご返済例

  • ※最初はお借入日の翌日から35日後になります。
  • ※お取引きの途中で追加お借入れをされても、ご返済期日は延長されません。
  • ※35日目が土・日・祝休日などの場合は、ご返済期日は翌営業日となります。
期日指定返済の場合

お客さまがご希望する日にちを、毎月の返済日として指定し、ご返済いただけます。

期日指定返済のご返済例

  • ※ご返済期日より15日以上前に入金されますと、前回の追加入金扱いとなりご返済期日が変わらず、期日にご返済が必要となります。ご注意ください。
  • ※お取引きの途中で追加お借入れをされても、ご返済期日は延長されません。
  • ※ご返済期日が土・日・祝休日などの場合は、ご返済期日は翌営業日となります。
お借入れ・ご返済例

ご契約 > お借入れ > ご返済 のシミュレーション

■家族構成:父43歳、母38歳、子供17歳(高校3年)、14歳(中学2年) ■世帯年収:850万円(父700万円、母150万円)

借入可能上限額 400万円の場合 適用金利年5.9%

お借入れ・ご返済例

  • ※1「誰でもコース」の場合の適用金利となります。
  • ※2 毎月返済日25日期日返済の場合。
  • ※3 最少返済額は、1千円以上10万円以下は1千円以降借入金額が10万円増すごとに1千円追加されます。
  • ※4 毎月返済日がすべて平日と仮定した場合の利息額です。(返済日が祝休日の場合、翌平日が返済日となります。)
  • ※5 提携ATMによっては、硬貨の入金に対応しておらず、1千円未満のご返済が出来ない場合がございます。

auじぶん銀行ユーザー 限定特典

じぶんプラスのステージを優遇 auじぶん銀行口座をお持ちなら※預金口座からのATM出金手数料/他行あて振込手数料 月8回分無料

ATMから出金 他行あて振子み

じぶんプラスのステージ優遇により、
細かな手数料を節約できます。

  • ※カードローンをご契約のお客さまで1万円以上の残高があるとじぶんプラスがステージ+4になります。(前月20日時点で判定) じぶんプラスの詳細についてはこちらをご確認ください。

■カードローンのご利用条件

融資額 10万円~800万円
通常金利 1.48%~17.5%(年率)
資金使途 ご自由にご活用いただけます ※ただし、事業資金を除く
必要書類 本人確認書類 / 収入証明書類(借入可能上限額が60万円以上のお客さま)(WEB完結)
借入方法 ATM / 振込サービス
返済方法 ATM / 自動支払い

(2020年8月11日現在)

お問い合わせ|auじぶん銀行 ローンセンター

HDI-Japan主催 銀行業界「問合せ窓口」部門 最高ランク三つ星取得 お子さまの頑張りを100%サポートできるご準備を。カンタンお申込で、家計に柔軟性を持たせるauじぶん銀行カードローン

お申込みはこちら!

auじぶん銀行口座を お持ちのお客さま

※インターネットバンキングへログイン後、申込画面へ移動します。

auじぶん銀行口座 をお持ちでないお客さま

※お客さま番号やログインパスワードがご不明なお客さまのお申込みはこちら