auじぶん銀行日本PMI

PMIの確認方法

IHSマークイットのウェブサイトにアクセスし、左側の「PMI最新リリース」一覧からご確認いただけます。

auじぶん銀行は、情報調査会社IHSマークイットと提携し、IHSマークイットが算出する、景気実態を正確に映し出す先行指標として知られる「購買担当者指数™(PMI™)」のうち「日本PMI」を「auじぶん銀行日本PMI」として提供しています。

購買担当者景況指数™(PMI ™)とは?

PMI(Purchasing Managers‘ Index)は、企業の購買担当者へ聞き取り調査(新規受注や生産、雇用の状況など)を実施し、そこから得られた購買計画等の情報が指数化されたものです。

IHSマークイットのPMIは、現在、アメリカ、中国、ユーロ圏など40を超える主要国・地域における26,000社以上に対して、生産高や新規受注、在庫レベル、雇用状況、価格などを聞き取り調査し算出し、経済状況の兆候を映し出しています。

調査データとしての高い正確性と同時に他の景気指標に比べた速報性の高さから、各国中央銀行、金融市場、企業経営者の中で、経済動向を知る独自の月間指標として活用されています。

発表のスケジュール

auじぶん銀行日本PMIは、毎月下旬に速報値、翌月初旬に確定値をIHSマークイット社より発表しています。

auじぶん銀行日本PMIを確認する
  • IHSマークイットのウェブサイトへ遷移します。

レポートの見方

IHSマークイットのウェブサイトにて、PDFのレポートを配信しています。

年間レポート

auじぶん銀行は、2019年12月26日付で年間PMIレポート「日本:2019年の振り返りと2020年の見通し」を発表しました。

auじぶん銀行日本PMIで、簡単に相場予測

なぜ、PMIを選ぶのか(簡単、景気に先行、発表が早い)

auじぶん銀行日本PMI(以下、PMI)は、企業の現場に経済活動(新規受注や生産、雇用の状況など)を聞き取り調査した結果を指数化したものです。PMIは、一般に50を超えると景気の改善、50を切ると景気の悪化を示すと考えられています。

相場予測の指標として、PMIには3つの優位性があるといえます。第一に、簡単に経済活動の変化を把握できます。経済活動が前月比横ばいなら50、上向きなら50以上、下向きなら50未満と、前月からの変化が直感的に分かります。第二に、景気に先行します。景気=GDPとした場合、図表1の通り、GDPの前年比に対してPMIが先行していることが読み取れます。第三に、指標発表のタイミングが鉱工業生産やGDPなど政府の主要経済指標よりも早いため、いち早く景気動向を把握することができます。

図表1:PMIと実質GDPの推移

  • 注:直近1-3月PMIのうち、3月PMIは速報値。
  • 出所: IHSマークイット 、 内閣府から、auじぶん銀行作成

過去を振り返ると、「PMI」と「為替や株価」のトレンドには、一定の連動性がある

図表2の通り、PMI上昇期間(青色系)は株高、円安のトレンド、PMI低下期間(赤色系)は株安、円高のトレンドが発生しやすいことが分かります。また、PMI低下局面でも、アメリカの中央銀行が2019年7月から利下げすると、一時的に株価は反発することが分かります(図表中の③)。このように、PMIを軸として、主要中央銀行の金融政策を組み合わせると、為替や株を予測する有効な手段と言えます。

図表2:日経平均株価とドル円為替相場の推移

  • 出所: IHSマークイット、Bloomberg LP.から、auじぶん銀行作成

<2020年3月24日時点>

AIが日本の株価トレンドを分析・予測!

auじぶん銀行日本PMIとTOPIXを用いて日本の株価トレンドを分析・予測するツールが登場。

AI日本マーケット予測
ウェブセミナー

auじぶん銀行では、PMI指標や相場の見通しをわかりやすく解説するウェブセミナーを開催します。

講師プロフィール

プロフィール写真

auじぶん銀行チーフエコノミスト 山下周

1995年に株式会社三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行後、約10年間にわたり日本のマクロ経済や日本国債の市場調査などに従事。その後、2005年から外資系証券会社に移り、2009年から2019年11月までドイツ証券株式会社の債券調査部チーフ金利ストラテジストとして金利・為替市場見通しを国内外の投資家に提供してきました。東京大学経済学部卒、日本証券アナリスト協会検定会員。

スケジュール

  • 2020/3/12(木)開催
    第1回セミナー『相場と「つながる」auじぶん銀行日本PMI』
  • 2020/4/27(月)開催
    第2回セミナー『コロナショックから資産を守るために
  • 2020/5/28(木)開催
    第3回セミナー『コロナ禍から資産を守るために
    • 【要旨】
    • 5月の日本PMIは、サービス業経済活動の急激な減速が続いていることを示した。今後の経済活動再開では、サービス消費が戻るかが重要だろう。
    • 米国では、失業率が急上昇しているが、消費と相関が高い消費マインドは改善している。これは、米政府による現金給付のタイミングと重なったこと、失業保険が今は一時的に増額されていること、などが理由として考えられる。政府のサポートが手厚い間に、経済や雇用環境が持ち直すか注目だ。
    • 米株が終値ベースの最高値をつけた2月19日以降の対ドルの通貨変化率をみると、経常赤字国の通貨が下落しやすかったようだ。今後の外貨運用の通貨選択の参考にしたい。個人の消費マインドが戻るならば経常赤字国の通貨の戻りを期待する、消費マインドが落ち込んだままならば経常黒字国の通貨を選択するのが良いとみる。
  • 今後の開催予定
    2020/6/25(木)
    2020/7/28(火)
  • 詳細は後日当ホームページに掲載いたします。
auじぶん銀行の資産運用商品

外貨預金

各国の国旗

米ドル・ユーロ・豪ドル・ランド・NZドル・レアル・中国元・ウォンと、充実の8通貨のお取引が可能です。

外貨預金

AI外貨予測

icon:顔

過去の為替の変動から、数時間後~数日後の為替変動をAIが分析・予測するサービスです。
AIが高い確率で為替が上がると予測した場合、プッシュ通知でお知らせします

AI外貨予測

じぶん銀行FX

auじぶん銀行マンガ:秀吉

初めてのお客さまにも分かりやすいコンテンツや、操作性の優れたFX専用アプリで、いつでもどこでもお取引ができます。

じぶん銀行FX

株式・投資信託

ロゴ:auカブコム証券

auじぶん銀行では、auカブコム証券で取扱う商品をご案内しています。

株式、投資信託など、預金だけではないお客さまの多様な資産運用ニーズにお応えします。

株式・投資信託

IHSマークイットについて

IHSマークイット(ニューヨーク証券取引所:銘柄コードINFO)は、世界経済を牽引する主要産業および市場に関する重要な情報、分析そして戦略ソリューションなどお客さまの解決策を提供する世界屈指の調査会社です。お客さまが直面する事業リスクおよび投資機会に対する迅速で業務効率の高い意思決定をもたらします。IHSマークイットのお客さまはフォーチュン・グローバル500および世界有数の大手金融機関の80%、政府機関を含む50,000社以上にのぼります。本社を英国ロンドンに置き、お客さまの持続可能かつ高収益な成長に貢献します。